じぶん銀行住宅ローンの借り入れ

じぶん銀行の住宅ローンは新規の借り入れでも契約する方にとって魅力的な金利を用意しています。
変動金利全期間引き下げプランでは変動金利が年0.585%まで引き下がります。(2016年1月現在)

ネット銀行の住宅ローン

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

じぶん銀行住宅ローン借り入れ特徴

じぶん銀行の住宅ローンには主に3つの大きな特徴があります。

【特徴1】申し込みから契約までの全ての流れをネットを利用することで完結出来ること
一般的なローン契約だと書類のやり取りを行わなければならないので時間を取られていましたが、じぶん銀行ではそのすべての作業を全てネット上で完結させることが出来るので書類のやり取りなどで時間を取られることもありません。

【特徴2】6つの0円
6つの0円というのは一般団信の保険料、保証料、資金移動、収入印紙、一部繰り上げ返済手数料、がん50%保障団信の保険料が全て無料になります。

【特徴3】がんと診断された時にはローンの残高が半分になること
団体信用生命保険の申し込みもネットで行うことができ、がんと診断された場合は住宅ローンの残高が半分になります。

じぶん銀行住宅ローンの借り入れ条件

じぶん銀行の住宅ローンを借り入れる時には必要な条件は下記の通りです。

【1】じぶん銀行の口座を本審査完了までに開設することを前提として、日本国籍を持つ人、または日本に永住する許可を受けている外国籍の人
【2】年齢が満20歳以上満65歳未満
【3】新築や中古物件住宅の購入や住宅ローンの借り換えをされる人
しかし、これだけでは審査に通らず、契約が完了しない可能性もあるので注意が必要です。
仮審査時にはお勤め先やご家庭、連帯保証人、担保提供者、借入対象物件、資金計画など様々な情報が必要となりますが、仮審査が終了しても審査によっては申し込んだ内容と異なる条件が必要となる場合もあります。

じぶん銀行住宅ローン借り入れ時の必要書類

じぶん銀行の住宅ローン契約を行う時には本審査までの必要書類について説明します。

基本的に本人確認書類、収入関連書類、物件関連書類、連帯保証人関連書類、その他の書類が必要となります。本人確認書類では住民票の写し、運転免許証またはパスポート、健康保険証が必要となり、収入関連書類では給与のみを取得されている場合には勤務先の源泉徴収票、勤務先か役場の住民税決定通知表または住民税課税証明書が必要となります。

ここで注意しておきたいのは、提出した書類内容と申し込み内容が銀行側が同一でないと判断した時には手続きを進めることが出来ません。また、提出した書類や画像ファイルは返却してもらうことは出来ません。

じぶん銀行の住宅ローン金利一覧ページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加