じぶん銀行住宅ローンの審査の流れと期間

じぶん銀行の住宅ローンの申し込み方法は、他の銀行より多少変わっているところがあります。
審査に関しても、他の銀行と違いがあるようです。
インターネットを利用することがじぶん銀行の特長なので、審査もインターネットを通じて行われます。

ネット銀行の住宅ローン

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

じぶん銀行住宅ローン事前審査には
マイページの登録と口座開設が必要

初めての人がじぶん銀行の住宅ローンを契約するときは、マイページの登録と口座開設が必要になります。口座を作るのは、本審査が完了するまでに用意しておく必要があります。開設後は情報連携手続きもしておく必要があります。
マイページの登録はパソコンやスマートフォンから行います。登録に必要な情報を入力して登録するだけです。自分が使用するIDは後ほどEメールで送信されます。もとから口座を持っている人は、ネットバンキングにログインして住宅ローンのメニューから登録します。
登録と口座開設が完了したら、情報連携手続きをします。ネットバンキングから情報連携のメニューを選択し、連携情報を確認してからIDとパスワードを入力すると連携手続きが完了します。

じぶん銀行住宅ローン審査の流れ

じぶん銀行の住宅ローンの契約や審査の流れは口座を持っているかどうかで契約方法が変わります。口座を持っていれば、すぐに手続きができます。マイページから仮審査の申し込みを行い、仮審査の結果を受けて本審査に進みます。
仮審査では、家族や勤務先の情報、連帯保証人や担保提供者の情報を用意します。このときに団体信用生命保険の申し込みも行います。審査の結果を受けて、利用できると判断された場合は契約手続きに入ります。このときに借り入れ金額などで最終意思確認が行われます。その後司法書士と面談を行い、契約成立となります。

じぶん銀行住宅ローン審査の期間

じぶん銀行の住宅ローンの審査にかかる期間は、申し込みの状況によって異なります。
申し込み内容や提出する書類によって、早く完了する人もいれば、長い時間をかけて完了する人もいます。

<仮審査の申し込みから完了まで>
期間は1日から数日かかります。仮審査の申し込みの段階で項目をほぼ全て入力すると、その次の手続きがスムーズに進みます。

<本審査の申し込みから完了まで>
仮審査承認内容を確認後に申し込みボタンを押せば1分もかからずに申し込みが完了します。必要書類もあわせて提出するため、1日から数日かかります。

<契約手続きから契約まで>
本審査の後は契約手続きに入り、契約情報や振り込み先情報を入力すれば完了します。じぶん銀行からの最終の連絡と司法書士の登記に関する連絡を行ったうえで、住宅ローンの借り入れが始まります。

じぶん銀行の住宅ローン金利一覧ページはこちら

◆こちらの記事もチェック
どのくらいかかるの?住宅ローンの審査期間

◆他の金融機関もご確認ください:
住信SBIネット銀行住宅ローンの審査の流れと期間
楽天銀行住宅ローン金利選択型の審査と期間
楽天銀行住宅ローンフラット35の審査の流れと期間
りそな銀行の住宅ローン審査の流れと期間
ソニー銀行住宅ローンの審査の流れと期間
住信SBIネット銀行(フラット35)住宅ローンの審査の流れと期間
静岡銀行住宅ローンの審査の流れと期間

FP(ファイナンシャルプランナー)に無料相談

この記事のように金融機関の審査期間に対する心配事や審査に通るか不安、何から始めていいか分からないという方もご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加