ネット銀行の住宅ローンについて~メリット

ネット銀行の住宅ローンには金利の低さ、保証料無料という大きなメリットが存在します。しかし、メリットばかりではありません。ネット銀行の住宅ローンは審査が厳しく、時間がかかるというデメリットも存在することに注意してください。

ネット銀行の住宅ローン

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

ネット銀行の住宅ローンの特徴

ネット銀行の住宅ローンの特徴として金利の低さが挙げられます。
この十数年、金利は低い水準で推移しています。例えば変動金利は数年間、年2.475%を維持したままです。現在、多くの銀行が一定の審査基準を通過することを条件に、住宅ローン金利を引き下げるプランを用意しています。これによって、1%台の金利というのも珍しくなくなりました。

しかし、ネット銀行の住宅ローン金利には1%を下回る商品も少なくありません。たとえ、0.1~0.2%の差でも住宅購入のように大きな金額が動く場合は、わずかな金利の差が住宅ローン返済額の差として反映されます。

ネットの銀行は店舗を持たずに運営し、経費を抑えている会社が多いのです。抑えた経費の分を金利にあて、超低金利を実現しています。

ネット銀行の住宅ローンのメリット・デメリット

ネット銀行住宅ローンの最大のメリットは金利が低いことです。また、ローン加入の際、保証料無料という銀行が多いのも利点の一つです。また、繰上げ返済手数料が無料という銀行も多いので、できるだけ早くローンを返済したいと言う方には大きな魅力があります。

もちろんメリットばかりでなく、デメリットも存在します。ネット銀行住宅ローンのデメリットとしては、審査が厳しく時間がかかることが挙げられます。保証料を取らない分、時間をかけて厳しく審査を行います。審査に時間がかかりすぎると、狙っていた物件を取り逃す恐れもあります。
また、保証料は無料でも事務取り扱い手数料が高い銀行があるのも欠点です。

ネット銀行の住宅ローンの審査は厳しい

ネット銀行の住宅ローンは低金利、保証料無料を実現している分、貸し出し審査は厳しく行われます。

基準は各金融機関で独自に設定されているので一概には言えませんが、年収基準などは実店舗を持つ銀行より高めに設定されています。例えば、実店舗を持つ銀行は最低年収として150~200万円以上を申し込み資格として設定する所が大半です。しかし、ネット銀行では最低年収を300万円からという銀行も多く、中には400万円からに設定している銀行もあります。

この他に、住宅ローン完済時の年齢や借り入れ時の年齢、勤続年数などもチェックされます。地方銀行では審査が有利に働くような、申し込み書類以外の証明書や書類が求められることもありますが、ネットの銀行では規定の申し込み書類だけで厳格に判定されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加