常陽銀行の住宅ローンのがん・三大疾病・8大疾病保障

常陽銀行の住宅ローンには、がん・3大疾病・8大疾病になったときでも安心して受けられる保証があります。
万が一の備えも安心して受けられるので、利用しやすいです。
ライフサポート団信なら、がんや8大疾病のほかに全傷病のサポートも受けられます。

地方銀行の住宅ローン

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

常陽銀行の住宅ローンは
がんと診断確定されたらローン残高が0円!

常陽銀行のがん保障付き住宅ローンは、がんと診断されたらローン残高が0円になります。
通常団信の死亡や高度障害とともに、がんと診断されたらローン残高全額が保険金として支払われます。
このローンは誰でも利用できるというものではありません。新規に借り入れする人で、借り入れ時の年齢が20歳以上45歳以下で完済時の年齢が満80歳未満である人が対象です。1億円以内での融資になります。団体信用生命保険が付帯している住宅ローンで、常陽銀行が保険契約者で利用者が被保険者になります。保険料は銀行が保険会社に対して支払います。保険会社から銀行が保険金を受け取り、それをローンの返済に充当するようになっています。どのような場合に保険金が受け取れるのかは、専用のしおりに詳しく記載されています。

常陽銀行の住宅ローンの三大疾病保障付住宅ローン

常陽銀行の住宅ローンには三大疾病保証もあります。
死亡と高度障害のほかに、先ほどのがんもしくは急性心筋梗塞、脳卒中と診断されたら、ローンの残高が0円になり、全額返済になります。ローン残高全部が保険料として支払われます。
このローンを利用する際は、金利が条件になります。通常の借り入れ金利に年0.2%上乗せすることで加入することができます。各種金利引き下げプランもあわせて利用できるので、安心して保証が受けられます。ただし、がんに罹患したことがある人は加入できません。
保険の特長は、全国地方銀行協会が契約者で、会員銀行の住宅ローン利用者が被保険者となっています。被保険者が保険期間中に死亡・高度障害・三大疾病になった場合に、会員銀行が保険会社から保険金を受け取り、被保険者のローンの弁済に充てます。

常陽銀行の住宅ローンの8大疾病補償付住宅ローン

常陽銀行には8大疾病保証付きの住宅ローンもあります。
8大疾病とは3大疾病に高血圧症・糖尿病・肝硬変・慢性膵炎・慢性腎不全の5つの生活習慣病を合わせたものです。

この住宅ローンは毎月の返済額を支払う月額返済補償、8大疾病が原因で月額返済補償が12ヶ月継続した場合にローン残債額を支払う残債一括補償、これら2つの補償が組み合わさっています。利用できるのは新規の借り入れで、借り入れ時の年齢が20歳以上50歳以下で完済時の年齢が満80歳未満の人が受けられます。もちろん健康な人が利用できるものです。

月額返済補償は病気やケガで従事できない期間が30日を超える場合に返済額を保険金として支払われます。これが12ヶ月継続した場合は、その時点のローン残債額が保険金として支払われ、これが残債一括補償となります。

常陽銀行の住宅ローン金利一覧ページはこちら
常陽銀行の住宅ローン【評判・口コミ】はこちら
◆こちらの記事もチェック:
団信(団体信用生命保険)で気をつけるポイント

FP(ファイナンシャルプランナー)に無料相談

この記事のように団体信用生命保険(団信)に対する心配事や審査に通るか不安、何から始めていいか分からないという方もご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加