横浜銀行住宅ローンの諸費用・手数料について

住宅ローンの借り入れ時には諸費用や手数料がかかります。
また繰り上げ返済を行ったりローンの条件を変更したりすると手数料がかかる場合がありますが、
横浜銀行ではインターネットバンキングを利用すると一部手数料が無料になるサービスがあるのでお得です。

地方銀行の住宅ローン

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

横浜銀行の住宅ローン借り入れ時に必要な諸費用

横浜銀行で住宅ローンを借り入れると以下の諸費用がかかります。物件の費用の他に予めこれらの費用も予算に組み込んでおきましょう。
まず、ローン契約を締結する時に金銭消費貸借契約書を作成しますがこの時印紙代がかかります。例えば借入金額が1,000万円以上5,000万円以下ならば20,000円です。
さらに、住宅ローンを利用するには借り入れ対象の物件に抵当権を設定する必要があります。
取扱手数料と保証料を用意しましょう。取扱手数料は32,400円(税込み)、保証料は借入金額1,000万円、借入期間35年の場合で206,810円となります。
なお、保証料を支払わなくてもローンを利用できる場合もありますが、金利が年0.2パーセント上乗せされます。この他に抵当権設定登記費用がかかります。手続きを司法書士に頼む場合はその費用も加算されます。

横浜銀行の住宅ローン借り入れ後・繰り上げ返済などの手数料

横浜銀行で住宅ローンを借り入れた後、繰り上げ返済などをしたいと考えた場合は手数料がかかります。
全額繰り上げ返済を行う場合は繰り上げ返済手数料と横浜信用保証(株)の事務取扱手数料が合計で43,200円かかります。
一部繰り上げ返済については固定金利指定形・固定金利型・超長期固定金利型の場合は32,400円(税込み)必要となります。変動金利型の場合は5,400円(税込み)となります。
なお、〈はまぎん〉マイダイレクトの契約をした上でインターネットバンキングを利用すると一部繰り上げ返済手数料は無料となります。また、〈はまぎん〉マイポイントを契約しており、一部繰り上げ返済1回あたりの元金が100万円以上の場合は、窓口で手続きした場合でも一部繰り上げ返済手数料は無料となります。

横浜銀行の住宅ローン条件変更に関わる手数料

横浜銀行の住宅ローンを利用している途中で金利の条件変更をする場合は手数料が必要です。
変動金利から固定金利へ変更する場合は変更手数料が10,800円(税込み)、印紙代が200円から400円かかります。
固定金利から変動金利へ変更する場合も同額の費用が必要となります。なお、固定金利から変動金利への変更については一部できない場合もあるので確認しましょう。例えば、固定金利指定期間中は金利の種類を変更することは認められていません。
〈はまぎん〉マイダイレクトの契約をした上でインターネットバンキングを利用すると変動金利型から固定金利型への金利種類変更手数料は無料となります。こちらは原則24時間受け付けています。(料金等は2016年2月時点のもの)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加