りそな銀行の住宅ローン審査の流れと期間

りそな銀行が提供している住宅ローンを活用する場合、その審査の具体的な流れや、さらにはどの程度の期間がかかるのかについてご紹介します。

都市銀行の住宅ローン

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

りそな銀行の住宅ローン事前審査に必要な書類

りそな銀行が提供している住宅ローンを利用する場合、事前に審査を受ける必要があります。その際に、必要となる書類を揃えなければなりません。
【1】事前審査を申し込むための、住宅ローン事前審査申込書
【2】運転免許や健康保険証、あるいはパスポートなど、本人確認のための資料
【3】収入に関する書類、物件の確認資料
【4】他に借り入れがある場合や、借り換えでのローンサービスの利用の場合には、借り入れ中の債務につき償還予定表と残高証明書も必要書類に含まれます。
連帯保証人や担保提供者についても、本人を確認するための書類を要します。

りそな銀行の住宅ローン事前審査のお申し込みについて

りそな銀行の住宅ローンの事前審査を始めるにあたり、まずは相談するのが安心です。
今後の資金の計画や返済シミュレーションなど、ローンサービスの利用判断に役立つ情報が得られます。インターネットあるいは支店窓口などでの申し込みにより、事前審査が開始されます。インターネットでは、営業時間に関わらずいつでも簡易的な申し込みが可能であるため便利です。

また、りそな銀行の住宅ローンの事前審査に申し込む際には、必要書類を提出する必要があります。その際、審査の内容によっては、追加の資料の提出が求められるケースがあるため、その他の必要書類も用意しておくと役立ちます。また書類の内容について、必要に応じ担当者より問い合わせがあります。

りそな銀行の住宅ローン正式申し込み(本審査)について

事前審査を通過すれば、次はりそな銀行の住宅ローンを正式に申し込むための本審査の段階に入ります。
正式に申し込むための書類を提出し、その内容が精査されます。事前審査で提出した各種の必要書類に加えて、新たに印鑑証明書や住民票などの書類の提出が必要です。この本審査の段階においても、事前の審査と同じく追加資料が求められる場合があります。必要書類の準備があると、潤滑に審査が進みます。

この審査段階において申し込みの内容や書類のチェックが終了すると、本契約のための連絡が届き正式な申し込みへと移行できます。その際には、りそな銀行窓口において、住宅ローン利用のためのローンサービス利用のための契約手続きを実施します。

りそな銀行の住宅ローン金利一覧ページはこちら
りそな銀行の住宅ローン【評判・口コミ】はこちら

◆こちらの記事もチェック
どのくらいかかるの?住宅ローンの審査期間

◆他の金融機関もご確認ください:
住信SBIネット銀行住宅ローンの審査の流れと期間
楽天銀行住宅ローン金利選択型の審査と期間
楽天銀行住宅ローンフラット35の審査の流れと期間
じぶん銀行住宅ローンの審査の流れと期間
ソニー銀行住宅ローンの審査の流れと期間
住信SBIネット銀行(フラット35)住宅ローンの審査の流れと期間
静岡銀行住宅ローンの審査の流れと期間

FP(ファイナンシャルプランナー)に無料相談

この記事のように金融機関の審査期間に対する心配事や審査に通るか不安、何から始めていいか分からないという方もご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加