火災保険とは

火災保険とは一般的に火災が起きた時に補償してくれる保険ですが、他にも落雷や爆発、風災、雪災などで損害を被った時にも補償してくれます。
1年から5年と、長く契約することで掛け金が割安になる場合があります。

住宅ローンと火災保険

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

火災保険の目的

火災保険は持ち家か賃貸物件かどうかで補償される目的が違ってきます。
事業用の場合だと備品や商品なども保険の対象にすることが出来ます。

火災保険は自分から契約するものではなく、保険を付けようとする対象を保有している人が契約するものです。ここでも持ち家と賃貸の違いがあり、持ち家だと建物や家財の両方を補償してくれますが、賃貸物件だと建物は大家、家財は賃借人が補償する必要性があります。共同住宅を共有する分譲マンションでは自分が所有する居住の専有部分と所有者全員が共有している共有部分があり、専有部分はもちろん自分で保険に加入しなければなりませんが、管理組合があるなら共有部分は管理組合が保険の契約を行ってくれます。

火災保険の補償範囲となるもの

火災保険には様々な種類があるので、保険契約する時には何を補償してくれるのか、補償範囲はどこまでなのかをチェックする必要性があります。

基本的に火災や落雷、破裂、爆発、風災、雪災、雹災、外部からの物の落下や飛来、衝突など多くの被害を補償してくれますが、水害や盗難など補償範囲に含まれないものもあるので注意が必要です。内容によっては水災や盗難による損害、漏水による水濡れ、不測かつ突発的な事故など範囲は非常に広いです。
不必要な補償を外しておくとその分保険料も安くなっていきますが、補償する範囲が広くなるほど保険料が高額になっていくので、自分にとってどの補償が必要になるのか考えることが大切です。

火災保険で補償されるケース

火災保険で補償されるケースとして挙げられるのが、火災や落雷、爆発や破裂、水災、風災、雪災、雹災などです。

何らかの原因で火事が起きた時に適用される場合もありますが、出火原因によっては保険が適用されない場合もあります。
また、爆発や破裂に関しては滅多に起きない事故と考えられそうですが、どの火災保険にも含まれています。たとえば料理をしている時にカセットコンロのボンベが爆発して住宅建物が損害を受けたことで適用されたり、何かが爆発したことで住宅建物のみならず家財が損害を受けた時にも適用されます。同じように風災や雪災、雹災は台風や暴風、または雹が原因でガラスが割れたり、豪雪や雪崩が原因で屋根や建物が倒壊した時に補償してくれます。もしもの時に備えて火災保険に加入しておくことをオススメします。

【住宅本舗は複数社への火災保険見積もりをオススメします!】
火災保険のお見積もり!10社以上から最適プランをご提案!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加