地震保険とは

地震は、時と場合を問わず私たちに襲い掛かってきます。
最新の技術を駆使しても地震を予知することは困難で、損害を最小限に抑えるには地震保険に入っておくことが重要です。
今回は地震保険の基礎知識について説明します。

住宅ローンと火災保険

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

地震保険の目的

地震はいつ起きるかわからず、もし起きてしまったら非常に大きな被害が出ます。揺れによる家屋の倒壊だけでなく、これに続いて起こる火災や津波も大きな損害をもたらします。このようにして住宅や家財に被害を受けた場合、自分の財産だけでこれを修理・立て直しをすることは財政的に非常に困難です。
しかし地震保険に加入しておくことによって、このようなもしもの災害に備えることができ、また本当に災害が起こってしまったときに自分へのダメージを最小限に抑えることができます。もしものために地震保険に加入することは非常に重要です。

地震保険の補償範囲となるもの

建築物にかける保険で有名なものは火災保険です。
しかし火災保険は地震や噴火、津波によって起こった災害は補償範囲外となります。例え火災が起きても、それが地震によって起きたものであったならば補償を受けることができないのです。

しかし地震保険は、火災保険では補償されていない地震によって起きた火災、倒壊、埋没、流出の被害を受けた家屋や家財が補償範囲になります。例えば地震によって壊れた塀や、津波によって流されてしまった家具などです。これによってより広い範囲の補償を受けることができ、被害からの立ち直りも早くすることができます。地震に火災や津波はつきものです。地震保険に加入しておくことが、災害後の立ち直りを左右する鍵となるのです。

地震保険で補償されるケース

地震保険での補償は、保険金が受け取れるケースともらえないケースがあります。次の例を見て確認していきましょう。

【1】地震で机からパソコンが落ちて壊れてしまった。
:この場合、保険金が受け取れる場合と受け取れない場合があります。今回のケースは、損害額が家財の10パーセントを超えると保険金受け取れます。しかしそれ以下だった場合は受け取れません。
【2】地震による火事で家が全焼してしまった。
:この場合、焼失した床面積が建物の延床面積の70パーセント以上であるので、地震保険の保険金額を全額受け取ることができます。
【3】津波で床上浸水をしてしまった。
:この場合、建物の一部損とみなされ、保険金額の5パーセントを受け取ることができます。

このように、保険金を受け取れるケースと受け取れないケースがあります。ほかにもどのようなときに補償が受けられるのかよく確認しましょう。

◆参考ページ
地震保険の見直し
住宅ローンと地震保険

【住宅本舗は複数社への火災保険見積もりをオススメします!】
火災保険のお見積もり!10社以上から最適プランをご提案!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加