家財保険とは

家が燃えた時は火災保険、地震で被害を被った時には地震保険が補償をしてくれます。
もうひとつ住宅に関する保険で、建物だけではなく家の中の物が燃えたり、
壊れてしまった時に補償してくれる保険である家財保険について説明します。

住宅ローンと火災保険

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

家財保険の目的

家財保険は、火災や盗難といった人的な被害、また地震や水害などの天災によって家の中の設備である、TV、冷蔵庫といった家電製品、またタンスやソファー、ベッドなどの家具類が損壊してしまった時に、その被害額に応じてお金を支払ってくれるという保険です。
火災保険のオプションとして「家財を含む」ものにした時には、建物の被害額だけではなく燃えてしまった家財についてもお金が支払われることになります。

基本的には家財の損壊についての補償を目的としていますが、子どもが誤って家の中の家電やインテリアを壊してしまったり、出勤時に着ていたスーツが破けて着られなくなったりした時にも補償をしてくれるなど、補償範囲はかなり広いです。

家財保険の補償範囲となるもの

具体的には家財保険の補償範囲はどの程度まで含まれ、どういったものは家財保険の対象にならないのでしょうか。

一般的に家財に含まれるのは建物に収容されている家具類、また衣類など日常生活に用いられる動産が挙げられます。ソファーやタンスなどの家具類、テレビやブルーレイレコーダー、エアコンなどの家電が対象です。その他に食料、食器なども含まれています。貴金属や骨董品などはオプションで設定可能であり、また金額も一定額まで、さらに価値を証明するものが必要なケースが多いです。
一方で含まれないものは電子マネーやプリペイドカード、帳簿や証書、自動車、業務用の動産類に動物や植物も家財には含まれません。ソフトウェアやプログラムも対象外です。

家財保険で補償されるケース

家財保険で補償が行われるケースを細かく見ていくと、災害により家具や家電製品が破損や故障を起こし、正常に日常生活に用いることができなくなってしまった場合はお金が出ます。水道管の破裂や落雷などの不測の事態でも対象になることがほとんどです。また子どもが家の中で何か物を投げつけたり振り回して、家具や家電などの家財が壊れてしまった時も補償されます。
ただし外観が損なわれた程度で、機能的に問題がないときはお金が出ません。自宅から持ちだして使うことが多いカメラなどの家財も保険のオプションに設定可能ですし、家の敷地内においておいたものが盗難にあった時、そして家を不在にしていた時に空き巣にあってしまった時も保険の対象になります。補償内容が火災保険とは異なるため、火災保険を検討する際は、家財保険についても確認されることをオススメします。

【住宅本舗は複数社への火災保険見積もりをオススメします!】
火災保険のお見積もり!10社以上から最適プランをご提案!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加