火災保険の補償範囲とは

火災保険は必要に応じて契約することで補償範囲内であれば火災や落雷などを始めとした損害を受けた時に補償してくれます。
しかし保険によって補償範囲が違うものもあるので何を補償してくれるかチェックする必要性があります。

住宅ローンと火災保険

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

火災保険は内容によって補償範囲が異なる

火災保険は補償してくれるものが多くありますが、中には保険によって補償範囲が異なる場合があるので保険内容をチェックする必要性があります。

基本的に火事が起きた時に補償してくれるものですが、落雷や爆発、または破裂などで住宅が損害を受けた時にも対象になるので補償が受けられます。さらには自然災害にも備えられることが可能な場合があります。一定額以上という条件がありますが台風や暴風といった風災や雪崩や豪雪などの雪災なども補償してくれます。
保険によっては洪水によって住宅が流されてしまった場合や床上浸水などの水災を補償してくれるものもあるので、必要に応じて契約する保険を決める必要があります。また、あらかじめ自己負担額を設定する必要があります。

火災保険の補償範囲になること

火災保険の種類によっては火事などの火災だけでなく自然災害や水災、盗難など多くの補償範囲があるので万が一に備えることが出来ます。

一般的に失火やもらい火、第三者による放火などで火事が起こる火災や落雷による損害、ガス漏れや引火などによる爆発や破裂による損害、風災や雹災、雪災など基本補償は保険会社によって異なるので自分が補償してほしい補償があるか探す必要があります。
また、台風や暴風雨などによる洪水や床上浸水、高潮、土砂崩れ、地盤から一定以上を超える浸水や3割を超える損害を被った時に保険金が支払われる水災、そして建物外部からの飛来や落下、衝突、盗難による盗取や損害、汚損など様々な損害に備えて幅広く補償してくれます。

火災保険の補償範囲にならないこと

火災保険には様々な補償範囲があるので万が一に備えることが出来ますが、特定の損害は補償の対象にならず、保険金が支払われない場合があります。

火災保険は火災に関する損害を保証してくれますが、地震や噴火、またはこれらによる津波による火災損害については保険金が発生しません。地震などによって火災の被害が延焼、拡大した場合でも同様に保険金は支払われず、これらの被害は保険事故である地震保険に適用されます。保険の種類には個別項目を限定的に列挙するものとほぼ全ての補償を網羅する方式のものがあり、この方式はオールリスク型と言われ、保険金が支払われない場合に該当すること以外の全てを補償してくれます。火災保険に加入する前に確認をしてください。

【住宅本舗は複数社への火災保険見積もりをオススメします!】
火災保険のお見積もり!10社以上から最適プランをご提案!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加