火災保険と住宅ローンの関係

金融機関から住宅ローンを組んでマイホームを購入する場合、火災保険に加入することを勧められることがあります。
ここではなぜ金融機関が火災保険の契約を求めてくるか、保険の内容を交えて分かりやすく説明していきます。

住宅ローンと火災保険

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

住宅ローンに火災保険はなぜ必要なのか?

一般的に住宅ローンは、他のローンと比べると長期に渡ってローンを組む人が多いです。
ローンの返済をしている最中に、家が火事や災害で全焼したり壊れたりすることもあるかも知れません。この時保険に入っていなかったら、家や土地を担保にお金を融資している金融機関は債権を保全することができなくなってしまいます。
また借主は、住む家がなくなると同時にローンの返済が残った状態になります。さらに隣家から出た火で自宅が火事になった場合、重大な過失がない場合は損害賠償請求ができないことが法律で定められています。

このように火災保険は、お金を融資する金融機関とお金を融資される住宅購入者が、どちらも困ることがないようにかかる保険といってよいでしょう。

住宅ローン専用火災保険の補償内容

火災保険は火事で自宅が焼失した時だけでなく、自然災害に備えるための保険です。
台風などの風災による被害・大雪などの雪災による被害・洪水などの水災による被害など、その損害が一定以上の割合に達すると補償の対象となってきます。補償内容は保険の種類によってさまざまで、どれが必要かを考えて選択する必要があります。

一定以上の割合という条件が設けてあるのは、自然災害の場合一度にたくさんの物件が損害を被る可能性が大きく、小さな損害額を含めて補償をするとその支払額が著しく多大になることが見込まれているからです。補償の内容を充実したい場合は、保険料も高くなってくるので契約をする時はしっかりと検討するようにしましょう。

住宅ローンに必要な火災保険質権設定とは

火災保険を契約する場合、金融機関から質権設定を勧められる場合があります。
火災保険の質権設定とは、自宅から火が出て保険の支払いが生じた場合、保険の契約者ではなく住宅ローンを融資している金融機関に優先的に保険金が支払われる契約のことをいいます。お金を融資する銀行としては、住宅ローンの返済が滞ると困ってしまうからです。
ただし金融機関が受け取れるのは債権額が限度で、それ以外の保険金は保険の契約者(住宅の所有者)に支払われます。

金融機関によっては質権の契約が必須でないこともあります。質権によって保険金を回収するよりも住宅の所有者に保険金を渡し、新築をした家に抵当権を設定して融資を継続した方が、金融機関・住宅所有者どちらにも有利と考えられる場合です。

◆参考ページ
住宅ローンと火災保険
住宅ローンと保険について~団体信用生命保険・火災保険~

【住宅本舗は複数社への火災保険見積もりをオススメします!】
火災保険のお見積もり!10社以上から最適プランをご提案!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加