火災保険に加入するのに必要な書類

新しく火災保険に加入したり、火災保険の見直しをしたいとなった時にどんな書類が必要なのか知っていますか?
見積もりや契約の段階でどのような必要書類を提出するべきなのか、契約時一戸建てとマンションで違いがあるのについてもご紹介します。

住宅ローンと火災保険

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

火災保険の保険金額を見積る際に必要な情報

火災保険の見積もり段階で必要な情報は建物の所在地・建物の構造(柱など)と面積(延べ床面積)・建築年月日になります。
これらの情報を確認するには建築確認済み証・建築確認申請書(第一面から第五面)・建物登記簿謄本(別に外壁を確認出来る書類が必要)・不動産売買契約書・建設住宅性能評価書・検査済み証・図面・仕様書などになります。
資料によって記載されている内容も違いますし、全ての情報を一つの資料で網羅出来るとは限りません。そのため、予め見積もり依頼する保険会社に確認しておくと良いでしょう。
建築中や建築直後の場合にまだ発行されない書類もありますので、どのタイミングで見積もりをしたら良いのかも重要なポイントです。引き渡しのタイミングに合うように加入手続きを完了させましょう。

火災保険に加入するのに必要な書類~一戸建ての場合~

一戸建ての場合の火災保険加入申し込みで提出する必要書類は、大まかに柱や構造・延べ床面積を確認出来る書類と耐火建築物・準耐火建築物・省令準耐火建築物の何れかを証明する書類になります。
自分で準備出来ない書類などは建築会社やハウスメーカーで用意出来るかどうか問い合わせてみます。建物登記簿謄本では外壁の構造を確認出来ませんが、建築確認申請書(第一面~五面)なら耐火建築物(準耐火建築も含む)の確認も可能です。
また地震特約に加入するなら建築年数・耐震等級・免振建築物・耐震診断のいずれかの資料が別に必要になり、長期優良住宅認定証などを提出すると割引対象になります。口座振替用紙などは保険会社で準備してもらえますが、印鑑などを忘れないようにしましょう。

火災保険に加入するのに必要な書類~マンションの場合~

一戸建てと違いマンションで火災保険に加入する際の必要書類は、柱などの構造と専有部分の面積が記載された資料になります。
重要事項説明書・売買契約書・登記簿謄本又は全部事項証明書の提出を求められるケースがほとんどです。
大半は見積もりの段階で提出する書類なので、契約時には必要な書類は口座振替用紙などになります。加入の際にはマンション以外に一戸建てでも告知義務があり、他の火災保険への加入の有無などを確認されますので、正直に答えましょう。パンフレットなども参考資料になるので新築で購入した場合は保管しておくことが望ましいです。
地震特約も加入出来ますが、地震保険は割引を受けられる可能性が高いので耐震等級や免振建築物などの割引を受けるには建設住宅性能評価書などを提出します。

【住宅本舗は火災保険の複数見積もりをオススメします!】
火災保険のお見積もり!10社以上から最適プランをご提案!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加