時価?新価?火災保険の建物評価額はどちらがいいの?

自宅が火災にあった場合に備える火災保険。加入を検討する際には「結局いくわ支払われるの?」と疑問に思う方も多いことでしょう。
その答えを出すためには、火災保険における「時価」と「新価」という2つの考え方について、正しく理解しておく必要があります。

住宅ローンと火災保険

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

火災保険の評価額の決め方は2通り

火災保険でおりる保険金を決めるためには、保険をかける物件にどれぐらいの価値があるのかを調査しなければなりません。この物件の価値によって給付される金額を「保険価額」と呼びます。
保険価額には2つの考え方があり、「新価」と「時価」として区別されます。
新価とは「その物件と全く同じものを新たに建築する、あるいは購入する場合にかかるお金の全額」を示します。
時価とは、「新価の額から経年劣化などを経て消耗した分をひいた金額」のこととなります。

一見すると大きな違いはないように思えますが、その2つには大きな違いがあります。特に実際に被災した時には大きな違いが出てきます。

時価で評価額を決定した場合のメリットとデメリット

例えば10年前に1,000万円で新築で建てた物件があり、この度改めて火災保険を「時価」で再契約することになったとします。時間の経過と共に物価が上昇したことにより、同等の物件を入手するためには2,000万円を必要とするようになりました。しかし、今住んでいる物件は10年が経過したことで劣化し、500万円分消耗したと判断されました。
このような場合、2,000万円(新価)から500万円(消耗分)を引いた1,500万円がその物件の時価となります。もし、今家が全焼してしまった場合降りる金額は1,500万円です。新たに家を建てようとしても保険では500万円が足りないということです。
時価の場合、新価よりも月々の保険の支払い金額は安く抑えられます。しかし、いざと言う時に保険ではまかないきれず、自分でお金を用意するか保険金で建てられる規模に縮小しなければならないというデメリットがあるのです。

新価で評価額を決定した場合のメリットとデメリット

新価で火災保険をかけている場合、火災にあった場合は2,000万円を受け取ることができます。その結果、同じ規模の物件について持ち出しをすることなく建築・購入可能となります。
いざという時の備えとして、新価による評価が現在では主流となっています。しかし、時価よりも支払う保険料の額は高くなる点がデメリットとしてあげられます。先程の例で言えば、時価が1,500万円、新価が2,000万円ということになり、単純計算で、およそ1.3倍保険料が高くなります。
また、保険価額は物価変動などに大きく左右されるという点も注意が必要です。被災時に物件を再評価するような契約内容の場合、契約時の保険金額より少なくなってしまいます。つまりは今まで支払った分が無駄になる可能性もあるので、同じ新価の契約であってもどのような保険金の支払い方かなどをチェックしておくことが大切です。

【住宅本舗は火災保険の複数見積もりをオススメします!】
火災保険のお見積もり!10社以上から最適プランをご提案!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加