火災保険の月額保険料の目安相場は?

火災保険の月額保険料の目安相場は、どれくらいでしょうか。
火災保険では、保険料の設定の仕方について勘違いしやすい点がいくつかあります。保険料の設定方法と目安相場についてまとめました。

住宅ローンと火災保険

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

火災保険の保険料は何で決まるの?支払い方法でも変わる?

火災保険の保険料は自分で好きな額を決定できるものではありません。「建物の価値」をもとに算出されます。
まず最初に、保険会社や代理店に住宅の価値が何円に相当するかを見積もってもらう必要があります。この時の住宅の価値を表した金額を評価額といいます。そして、評価額を積み立てていくように、毎月の保険料を設定するのです。この評価額を上回る額を保険料として設定しても、火災に遭った際に評価額以上を受け取ることはできません。
複数の火災保険に契約をしているケースであっても、受け取れる額は各社合計で評価額までです。一方、火災保険を評価額以下に設定していた場合、実際に受け取れるのはその設定額よりも低い金額となります。
また、分割払いでは一括払いよりも支払い総額が大きくなるなど、支払方法によっても額は変化します。

月額の火災保険料の目安~一戸建て(新築・中古)の場合~

火災保険の保険料は、一戸建てとマンションでかなり異なります。
一戸建ての場合は建物全体に保険をかけるので、マンションよりも高額になりがちです。
規模や建物の価格によって異なりますが、3,000万~7,000万の価格の物件の場合、ベーシックなプランだと12,000円/~年から価格設定がされています。あくまでも目安であるため、月額など詳細は金額は、見積りを行った上でご確認いただくことをお勧め致します。
先程も述べたように火災保険の保険料は建物の価値次第で決まるため、はっきりとした目安額を出すのは困難です。建物の価値は「新築か中古か」「建物を構成する資材は何か」などによって決められます。例えば、コンクリートでできた建物は燃えにくいので金額も低くなり、木造建築は燃えやすいために金額が高くなる、といった具合です。
また、当然ですが建物は古くなるにつれ価値が下がります。つまり、新築したばかりの時に算出された評価額よりも、現在の価値は下がっている可能性があります。火災保険の契約を更新する際には、新築時と同じ額でよいかどうか考える必要があるのです。

月額の火災保険料の目安~マンション(分譲・賃貸)の場合~

マンションのにおける火災保険では、新しいマンションを買い直せるほどの保険料に設定すべきだと思っている人もいるかと思います。しかし、これは誤りです。
マンションの分譲価格には土地代・共用部分価格が含まれているため、実際に住んでいる部屋の価格は分譲価格よりも低くなります。つまり、支払額はその部屋だけを基準に決めなければなりません。一戸建てと同様にその部屋の価値次第で評価額が決まるため、目安額を算出するのは難しくなります。目安マンションに個人で火災保険を契約する場合、専有部分が保険の対象となります。専有部分の評価基準は「壁の内側の面積を基準とする」か、「壁内部の中心線より内側の面積を基準とする」の2つあり、後者のほうが面積が大きくなるため、保険料が高くなります。どちらの方法を取るかは、マンションの管理規約で定められているので注意が必要です。
一般的には10,000円~15,000円/年の火災保険のプランが多いようです。
しかし、これらの基準はあくまでも目安に過ぎません。詳細な金額は、しっかりと見積もりを取って確かめることをおすすめします。

【住宅本舗は火災保険の複数見積もりをオススメします!】
火災保険のお見積もり!10社以上から最適プランをご提案!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加