団体信用生命保険を比較

近年、金利は徐々に下がり続け、都市銀行の金利はどこも似たりよったり。
そんな横並びの住宅ローン商品を比較する上でポイントとなるのは?

住宅ローンと保険の関係

丸尾 健

丸尾 健 株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティング 代表執行役

大学卒業後、建築関連の仕事を経て大手商社系の中高級住宅を扱うハウスメーカーに入社。在籍期間9年のうち5年は店長職を兼務。MVP賞3回。その後、大手金融機関のファイナンシャル・プランニング部門に転職。FP先進国の米国のファイナンシャルプランニングメソッドトレーニングを受講。2009年9月に独立して、株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティングを設立。FP経験現在9年目。新規年間相談件数120件前後、面談累計件数1,000件以上。主に個別面談を中心に活動している、実務家FP。ライフプラン全体を通してのマネープランの作成、資産形成アドバイスに提案に定評がある。
【得意分野】ライフプラン・不動産購入・住宅ローン・資産形成・保険・相続相談

「団体信用生命保険」は各金融機関の特徴が出る!

都市銀行の金利ではほとんど差がつかない一方、各金融機関によって差が出るポイントの1つに「団体信用生命保険(以下、団信)」があります。

団信とは、団体信用生命保険の略で、住宅ローン返済中に契約者が死亡または高度障害となった場合、生命保険会社がその時点の住宅ローン残高を保険金として債権者に支払い、ローンが完済となる制度です。

死亡保障と高度障害保障がついた基本的な団信の保険料は、金融機関側が負担するケースが一般的ですが、現在では一定割合を通常の住宅ローン金利に上乗せすることで、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中といわれる3大疾病や慢性疾患、さらにはケガなどを幅広くカバーできる団信も登場しています。

「団体信用生命保険」を比較!

それでは早速、金融機関毎に用意する団信プランを比較してみましょう。今回、団信に特徴がある、りそな銀行と住信SBIネット銀行を取り上げます。

金融機関 住信SBIネット銀行
商品名 8疾病保障
保険料 0円
※12ヶ月間は月々の
返済額のみの保障
保障内容 ・8疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中
・高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・
肝硬変・慢性膵炎)

金融機関 りそな銀行
商品名 団信革命
保険料 通常の住宅ローンに
+0.3%上乗せ
保障内容 ・3大疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中)
・16の特定状態
・一定の要介護認定を受けた状態

住信SBIネット銀行の団体信用生命保険

団信保険料が住宅ローンに組み込まれています。
3大疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中)になった場合や、5つの重度慢性疾患(高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)になった場合に、保険金が支払われます。
ただし注意すべき点は、例えば疾病や疾患と認定されても、月々のローン返済分のみ支払われ、12ヶ月以内働けるようになった場合は、ローン返済が継続する点です。

りそな銀行の団体信用生命保険

ガン・急性心筋梗塞・脳卒中という3大疾病のほか、16種類の身体障害が起こってしまった場合、さらには要介護認定された場合でも、住宅ローン残高が0円になります。
また、りそな銀行の場合は上記のような状態になった際、仕事が続けられる場合でも保険金が支払われるケースもあります。
より幅広い身体のリスクに備えたい場合には、りそな銀行の『団信革命』が合うといえそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加