住宅ローンの契約!金融機関によって諸費用が大きく違う!?

住宅ローンを組む時には様々な契約事項、並びにどれくらいの金額を返済していくのかを決めることになりますが、
諸費用もかかることをご存じでしょうか。その諸費用は金融機関によって変動することが多くあります。
そこで、住宅ローンを契約する時に金融機関によって諸費用の変動があることを知っているかアンケートを取ってみました。

住宅ローンの諸費用

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅ローンの契約!金融機関によって諸費用が大きく違う!?

【質問】
金融機関によって住宅ローンの諸費用額に差があることを知っていますか?

【回答数】
知っている:52
知らない:48

金融機関に差があるのは当たり前?諸費用は詳しく調べるべき!

アンケートの結果によると、約5割以上の人が諸費用に差があることを知っていると回答していました。

さまざまな商品があふれかえっているので、比較すれば容易に理解できます。(40代/男性/会社員)

不動産業で、ローンの審査を金融機関にお願いする立場だった事があります。申し込み者の属性(収入、家族構成、年齢等)により、ご紹介できる金融機関が異なります。そうすると、金融機関により住宅ローンを保証する会社、団体信用保険の契約会社といった、金融機関のリスクを軽減する会社が異なるので、諸費用は異なります。(50代/男性/士業(弁護士・会計士など))

ローン契約をする時に、金利の他に手数料の違いも比較しました。(30代/女性/専業主婦主夫)

金融機関の違いによる諸費用の扱いはローンを組む際に非常に重要なものとなります。軽視していると返済する時に思わぬ金額を支払うことになりかねませんし、ローンを組む時に思うような金融機関が見つけにくくなる恐れもあります。それぞれの金融機関は取り扱う項目もローンに関する保証など諸費用の他にも様々な違いがあるので、回答にあるように比較をして綿密に吟味する必要性があるかもしれません。

諸費用の明細について調べても分からないことが多い?

反対に金融機関によって諸費用に差があることを知らない人は約5割以下でした。

住宅ローンの諸費用がまずわからないのでもっと勉強しないとなと思いました。(20代/女性/専業主婦主夫)

住宅ローンを組む際そんな事思いもしなかったし、銀行を選べる状態でなかったので知らなかった。(40代/女性/会社員)

まず住宅ローンに諸費用があるなんて知らなかった。利率が銀行によって違うみたいに違うのは当然とは思う。(30代/女性/専業主婦主夫)

住宅ローンの諸費用の違いを調べたことがなかった。金融機関によって違うのならお得な所がいい。(40代/女性/専業主婦主夫)

住宅ローンの契約に対する認識が薄いのか、諸費用に差があることを知らない人が目立っていました。そもそも選べる銀行が少ないと比較する余裕もないでしょうし、諸費用に違いがあるのなら最初からメリットが大きい金融機関を優先的に選びたいものでしょう。「金融機関によって違うのならお得な所がいい」という回答があるように、支払総額に大きな影響を与える諸費用ですからお得な金融機関を選びたいのは当然かもしれません。

諸費用の違いは大きな問題となるので、詳しく調べた方が良い?

以上のアンケート結果では半分以上の人が金融機関によって諸費用の違いがあることを知っているようですが、知らない人も半分近くいることが分かりました。

単に住宅ローンを契約すれば良いというものではなく、金融機関の比較も非常に重要です。諸費用の差を知らないことでローンに対する保証の違い、特にローンを申し込むこちらの状況によって選ぶ金融機関の数が大きく変動します。その中から自分にとってメリットが大きいと思える機関を選ばなければならないので、即決せず詳しく調べながら検討した方が良さそうですね。

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2015年03月11日~2015年03月25日
有効回答数:100サンプル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加