住宅ローンのアドバイザーについて

近年の住宅ローンの金利の種類の多さ、商品の多さから消費者の知識だけでは選べなくなってきています。
そんな消費者のニーズに答えるのが住宅ローンアドバイザーです。
金利タイプは10種類以上あり、どの商品が一番良いのか、無理なく返済できるのかを検討し、適切なプランを提案するアドバイザーです。

住宅ローンの基礎知識

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

住宅ローンのアドバイザーとは

ファイナンシャルプランナーの仕事は多岐にわたっているので、得意分野を作る必要性が高まっています。そこで、今注目なのが住宅ローンアドバイザーの資格です。まだ、新しい資格ですし試験もそれほど難しくはありません。
民間資格なので比較的取得しやすいです。この資格は10種類ある住宅ローン商品の知識を豊富に持っているアドバイザーであることを示すものです。

一般の住宅購入希望者が勉強のために資格に挑戦するケースもあります。商品は種類が多くわかりにくいので、基礎知識を習得するためです。ファイナンシャルプランナーだけでなく他の資格をもった方の取得も多くなってきています。この資格を持っていれば、お客様へのアドバイスがよりきめ細かく丁寧に出来ます。

◆参考記事
住宅ローンのアドバイザーを利用したことがある人の割合

住宅ローンアドバイザーとファイナンシャルプランナーの違い

ファイナンシャルプランナーは扱う仕事が多岐にわたっているので、ローン商品も勉強はしますが、住宅ローンについて突き詰めていない点が少し弱いようです。

ファイナンシャルプランナーは総括的にお客様にご提案していきますのでローンの事ばかりを丁寧にシミュレーションを組んで提案していく事が難しいのです。

住宅ローンアドバイザーは、ローンの詳しいところまで説明して提案書を作成していきます。特例なども多くきちんとお客様に説明して契約していかないと損をしてしまいます。何十年と組む住宅ローンなので綿密な計画が必要です。お客様が損をしないように少しでも得をするようにアドバイスするのが仕事です。住宅ローンの事にかけては卓越しています。

住宅ローンの相談をするなら

住宅ローンのみの相談なら住宅ローンアドバイザーにお任せした方がいいでしょう。アドバイスも購入前から購入後までしてくれ、相談に乗ってくれます。マンション購入時のローン審査の相談から購入後の繰り上げ返済の相談も返済手数料が得になるようにアドバイスしてもらえます。購入物件の共同名義のアドバイスも持ち分の配分によっては贈与になるなど、きめの細かいアドバイスが貰えます。

ファイナンシャルプランナーの場合は、家族全体のライフプランニングを行ってくれるので、家計や老後のことも踏まえた住宅ローンのアドバイスを行ってくれます。ファイナンシャルプランナーの仕事は多岐にわたりますので住宅ローンからライフプランニングまで相談したい方はファイナンシャルプランナーへご相談ください。

住宅ローンに関するFPへの相談はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加