住宅ローンの連帯債務者について~夫婦連帯債務(ペアローン)~

近年共働きの家庭も増えており、夫の収入だけではなく妻の収入を合算して住宅ローンを組むケースが増えています。
この場合夫婦両方が連帯債務者となるので、そのことによってのメリット・デメリットがあります。これからそのことについて紹介していきます。

住宅ローンの基礎知識

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅ローンの連帯債務・連帯債務者とは

住宅ローンの連帯債務は、主に夫が主債務者で妻が連帯債務者となってローンを契約することです。よって夫婦が共に借入額の支払いの義務があります。

この場合のメリットとしては固定金利で安心感の高いフラット35を利用できることです。そしてフラット35は団体信用生命保険に夫婦共に加入することができます。これが民間金融機関の場合夫の方しか加入できないのです。

デメリットとしては民間の金融機関では取り扱っている商品が少ないことです。それと、フラット35は固定金利での取扱いのため、変動金利の選択はできません。長期的に考えている場合にはいいですが、より短い期間で住宅ローン返済を考えている場合には、このケースは不向きになることもあります。

住宅ローン連帯債務とペアローン(夫婦連帯債務)の違い

住宅ローンの連帯債務は主債務者と連帯債務者となって1つのローンを契約するのに対して、ペアローンは夫婦が別々にローンを組み、それぞれが各自の借入額に対してローンの支払いをしていきます。

このペアローンのメリットとしては、夫婦ともども借入額に対して住宅ローン控除が受けられますし、団体信用生命保険も夫婦ともに加入できることです。

ただしデメリットとしては、連帯債務と違いローンを2本組むので時間と手間がかかります。そしてその際の事務手数料などの諸費用もかかります。しかし、はじめに費用はかかりますが、借入額によってはローン控除が2人分なのですぐに回収できることもあります。

どちらもメリット・デメリットがあるので、どちらがいいのかよく考える必要があります。

◆参考記事:
住宅ローンの連帯保証人と連帯債務者!違いは把握できてる?

◆参考記事:100人へのアンケート調査
住宅ローンを借り入れる際ペアローンを検討した割合は?

住宅ローン連帯債務の場合それぞれの負担割合に対して控除(減税)が受けられる

住宅ローン連帯債務でも夫婦が共にローン控除を受けることができます。夫婦共になので借入額も多くすることができます。もちろん借入額が多ければ控除も多いですが、毎月住宅ローンの返済額も多くなります。

夫婦で連帯債務する場合、借入後育児などの理由で妻が仕事を辞めてしまった時に収入も減るので、返済の負担は大きくなってきます。そして妻のローンの返済を夫が負担した場合は、贈与税の対象になってしまうこともあります。

このように夫婦ともに受けられるメリットはありますが、どちらかが仕事を辞めてしまったり、病気をしてしまったりと何らかの事情で収入が減ってしまう場合があることも想定して、連帯債務にするかどうか事前に話し合っておくといいでしょう。

◆こちらの記事もチェック:
共働き夫婦の住宅ローン(ペアローン)(前編)
共働き夫婦の住宅ローン(ペアローン)(後編)
共働きなら!減税対象のペアローンや連帯債務型も利用可!

◆参考記事
ペアローンのメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加