住宅ローンの親子リレーについて~親から子へ~

住宅ローンの親子リレーは、親から子へとローンを返済していきます。ただし親子リレーでのローンは親や子それぞれに条件があり、それをクリアにしないとローンを組むことはできません。
親子リレーの返済と条件を説明します。

住宅ローンの基礎知識

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅ローンの親子リレー返済とは

住宅ローンの親子リレーは親子でローンを同時に返済するのではなく、親と子の収入を利用して期間をずらしてローン返済をしていきます。そのため親と子が連帯保証人となっていきます。
親がはじめにローンを返済していき、親が高齢になってローンを返済するのが困難になったら子が返済していきます。

この親子リレーのメリットは、親が高齢であってもローンを組むことができることです。子供の教育が一段落してから住宅を購入したいと思っても自分だけでは年齢的に住宅ローンが組めないこともあります。そんな時にこのようなリレー方式は有効です。もちろん子供の年齢や収入の有無などの条件があるので、それぞれに条件があえばローンを組むことができます。

親子リレー返済で住宅ローンを借りるときの条件

親子リレーでの返済期間は親と子合わせて35年以下となります。本来は70歳以上ですと住宅ローンを申し込むことはできませんが、親子リレーですとローンを組むことができます。

子供の条件としては年齢は20歳以上で70歳未満、そして完済時に80歳未満となるようにします。関係性は親子であることが条件なので、配偶者とのローン申請はできません。

他にも、ローン開始時は同居していなくても、将来同居を予定していることが条件になることもあります。ローン開始時の子供の年齢が45歳以下であれば、35年ローンを組むこともできます。このように条件はさまざまあり、金融機関によって多少の違いがあります。条件はしっかりと確認して住宅ローンを組む必要があります。

借り入れ金額を多くする場合は親子リレーではなく親子ペアローン

親子でのローンの組み方として、親子ペアローンというものもあります。これはひとりの収入では住宅ローン審査を通過しない場合に、親子の年収を合わせて組むローンです。

親と子がそれぞれにローンを組むので借りられる金額が多くなりますが、それぞれが債務者でありそして連帯保証人となるので、親子双方に返済能力があるかどうかが重要になってきます。

このようなケースは二世帯住宅や大きな家を建てる場合に住宅費が高額になる場合に組むことが多いです。それぞれが債務者なので、住宅ローンの控除が両方受けられるメリットもあります。しかしローンが片方払えなくなると、もう片方への負担が増えてしまうことになりますので、注意が必要です。

◆こちらの記事もチェック:
住宅ローンの年齢・年齢制限や限度~何歳まで借りれる?~
住宅ローンの審査!通りやすい年齢って何歳だと思う?
住宅ローン貧乏~マイホーム購入!老後貧乏になる?~
◆参考記事:
親子ペアローン

FP(ファイナンシャルプランナー)に無料相談

この記事のように親子ペアローンに対する心配事や審査に通るか不安、何から始めていいか分からないという方もご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加