【わかりやすい】住宅ローンの仕組みについて

住宅購入時に必要となるのが、住宅ローンです。
住宅の購入を考えている人は、大きな資金を借りるために不可欠な住宅ローンの仕組みについて詳細まで知っておくことが賢明です。

住宅ローンの基礎知識

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅ローンの仕組みとは

住宅は、土地や建物などの不動産に属するものです。
これらは非常に販売価格が高く、所有する資金だけでは購入費用をまかなうことは難しい場合が大半です。そこで、金融機関から購入資金の借り入れを行う事ができます。住宅ローンは、住宅購入を目的としているローンの金融サービスです。

ただし、この金融サービスの仕組みとして、元金に比例しての利息を負担しなければなりません。
利息は、元金に対して金利をかけて計算を行います。住宅ローンは借り入れ額が大きいため、利息の負担も大きいです。そのため、できるだけ低い金利の住宅ローン契約を結び、利息の支払い負担を小さくする工夫が必要です。また住宅ローンの返済期間が短ければ、それだけ利息の負担は小さくなります。

※元金とは・・・住宅ローン借り入れ額のことを指します。

住宅ローンの金利・返済の仕組みについて

住宅ローンで借り入れを行った住宅購入資金は、当然ですが返す必要があります。その際に、返済する方法の仕組みには種類があります。どのような方法を取るかで、その後の返済額等に影響が出てきます。

  • 金利について

住宅ローンの金利の種類として、固定型と変動型のタイプが存在します。
金利相場の変動に影響を受けるため、どちらが支払額の節約に効果があるのか判断が必要です。
住宅ローン変動金利・固定金利のリスクとメリット

  • 返済方法について

住宅ローンの返済方法は「元利均等タイプ」と「元金均等タイプ」があります。
元利均等タイプは、毎月の住宅ローン返済額が一定であるのが特徴です。あらかじめ支払う額が決まっているため、支払い計画が立てやすいメリットがあります。ただし、支払うべき総額が増えるデメリットがあります。
一方、元金均等タイプは、元金部分が一定額の方法です。月々の住宅ローン返済を続けると共に、次第に利息負担が小さくなるのが利点です。
住宅ローンの支払いで得なのは元利均等返済?元金均等返済?

住宅ローンの利息の仕組みについて

住宅ローンの利用者にとって、毎月の支払い負担額は気になる点です。
利息の割合により、住宅ローン負担の額は大きく変わります。毎月の支払いを行う上で、元金と共に利息を合わせて支払います。その仕組みとしては、元金の残高に対し、1ヶ月辺りの金利の値をかけることで算出が行われます。

このことから、住宅ローン返済の負担をできるだけ減らすためには、頭金の準備といかに元金を早く減らすかが重要なポイントです。住宅ローンの返済計画の中で、始めの段階で多くの元金を減らすよう心がけると、それだけ返済の総額が小さくなります。しかし、元金や金利の関係は複雑であるため、シミュレーションによる数値計算や専門家への相談が確実です。

住宅ローン 頭金は必要?目安と頭金なしのリスク
年収別住宅ローンの負担はどのぐらい?返済中の人に聞きました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加