固定金利派はフラット35で検討してみるべき

こんちには。ライターのサイダーです。“借金したくない”病をこじらせております。縁あって住宅本舗で記事を書かせていただくことになり、超初心者目線で住宅ローンについて皆様と勉強できればと思います。
住宅ローン音痴でもフラット35というキーワードは聞いたり、見たりすることがあります。
住宅ローンの中でも審査のハードルが低いというフラット35。どんな金融商品なのか? 探ってみたいと思います。

住宅ローンの基礎知識

サイダー

サイダー (ライター)

住宅本舗でライターをやっています。基本的に“借金をしたくない”病のため、住宅ローンに関しては完全な素人です。これから住宅ローンについて知りたい方々と知識を共有できればいいなぁと考えています。

そもそもフラット35って何だ?

独立行政法人の住宅金融支援機構と民間金融機関がタッグを組んで提供している全期間固定金利住宅ローンです。
こちらの記事
住宅ローンのフラット35、フラット35Sとは?長期固定金利について
でも分かるように、通常の住宅ローンよりも審査の基準が緩いようです。

ここで、そもそもの疑問があります。

「35」って何が35なのでしょう?
これは、全期間固定金利の全期間が最長で35年ということです。

住宅本舗の記事の多くは、住宅ローンを組むためにはライフプランもあわせて考えましょうと、アドバイスしています。

35年間をどう生きるのかと具体的に年数を決め打ちできるので、ライフプランを考えやすいのかもしれませんね。

フラット35には適用の基準がある

いくら審査のハードルが低いとはいえ、利用できる人・購入する物件に関して一定の基準を設けているようです。

○利用できる人
・申し込み時の年齢が70歳未満(親子リレー返済を利用される場合は、70歳以上でもOK)
・日本国籍、永住許可を受けている、または特別永住者で日本国内に住んでいる
・年収に占めるすべての借入れ(フラット35を含む)の年間合計返済額の割合が下記の基準を満たしている(収入を合算できる場合もあり)
→ 年収400万円未満 年間合計返済額の割合30%以下
→ 年収400万円以上 年間合計返済額の割合35%以下

こう書かれると、なんか難しい感じがしますね。
砕いてしまえば、69歳ぐらいまでの人で、日本に住んでいて、ローンで首が回らなくならない人なら大丈夫って事じゃないでしょうか。

○対象となる物件

【新築・中古住宅共通】
・住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合している住宅
・住宅の床面積が
→ 一戸建て住宅、連続建て住宅、重ね建て住宅の場合:70m2以上
→ 共同建ての住宅(マンションなど)の場合:30m2以上
※店舗付き住宅などの併用住宅の場合は、住宅部分の床面積が非住宅部分(店舗、事務所等)の床面積以上であることが必要です。
・敷地面積の要件なし

【新築住宅の場合】
・建設費(建設に併せて取得した土地の購入費を含めることができます)または購入価額が1億円以下(消費税を含む)
・お申込み時点において竣工から2年以内の住宅で人が住んだことのない住宅

【中古住宅の場合】
・購入価額が1億円以下(消費税を含む)
・申込み時点で、竣工から2年を超えている住宅または既に人が住んだことのある住宅

ここでも、砕きましょう。
新築物件:あんまり狭くなくて、税込み1億円以下で出来上がってから2年間、人が住んでいない家
中古物件:あんまり狭くなくて、税込み1億円以下で建物の完成から2年以上経って、人が住んだことのある家

簡単に言えば、こんな感じじゃないでしょうか。

固定金利派ならばフラット35で検討するといい

今回はズラズラと説明が多かったですが、要するに
日本に住んでいる69歳ぐらいまでで、一定の収入があってローン返済に余裕が持てる人

あまり狭くなくて1億円以下の贅沢すぎない家

固定金利で買いたい時に有効な住宅ローン
ということですよね。
あまりにも簡単に言いましたが。。。

ただ、69歳ぐらいといっても最長の35年のローンは不可能です。肉体的に。
今後の高齢化で104歳で現役バリバリで稼げるという、ビックリ人間も登場するかもしれませんが、それはあなたではないかもしれません。

ということで、やっぱりライフプランを立てられる年齢のうちにマイホームの購入を検討する必要がありますね。

※この記事は2016年7月13日に書かれたものです。基準や条件は、その時々で変更される場合があります。

◆こちらの記事もチェック:
住宅ローンのフラット35、フラット35Sとは?長期固定金利について
フラット35
フラット35を夫婦で借りる
住宅ローン(フラット35)の団体信用生命保険
住信SBIネット銀行のフラット35

 

FP(ファイナンシャルプランナー)に無料相談

この記事のような自分に合った住宅ローンに関する事や審査に通るか不安、何から始めていいか分からないという方もご相談ください。

住宅ローンの一括審査申し込み(無料)はこちら

住宅ローンは比較が大事。複数の金融機関に仮審査を申し込み、審査結果を比較することで、自分に合った住宅ローンを選ぶことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加