フラット35Sの基準に合った家はスペックもいい

こんちには。ライターのサイダーです。“借金したくない”病をこじらせております。縁あって住宅本舗で記事を書かせていただくことになり、超初心者目線で住宅ローンについて皆様と勉強できればと思います。
フラット35でも「?」だったのですが、今回はフラット35Sを取り上げてみようと思います。
何がどう「S」なのか。特徴は何だろうか。その辺を探ってみます。

住宅ローンの基礎知識

サイダー

サイダー (ライター)

住宅本舗でライターをやっています。基本的に“借金をしたくない”病のため、住宅ローンに関しては完全な素人です。これから住宅ローンについて知りたい方々と知識を共有できればいいなぁと考えています。

フラット35Sって何?

フラット35Sとは、優良住宅取得支援制度のことです。
ところで、「S」ってどういう意味でしょう? それはSpecialの頭文字「S」とのことです。

固定金利派はフラット35で検討してみるべき
こちらの記事でも紹介しているフラット35の基準を満たした物件で、フラット35Sの基準を満たすことで金利がさらに優遇される制度のことです。

今回は、「住信SBIネット銀行」フラット35Sの基準を用いて説明していきます。

フラット35Sは、フラット35と比べて返済開始から期間限定で0.3%金利を下げるプランが用意されています。
しかし、このプランを適用させるには条件があり、大きく分けて4つの技術基準のどれかしらを満たす必要があります。

○省エネルギー性
○耐震性
○バリアフリー性
○耐久性・可変性

省エネは生活に余裕ができますし、この地震大国で耐震性は重視されますよね。
さらに、高齢の家族と一緒に住むのであればバリアフリーも大切。経年劣化も少ない家の方が修繕費も抑えられますよね。

マイホームを買うなら、どれも満たしたい条件です。

そして、フラット35Sには2つの金利パターンがあります。

金利Aプラン:返済開始から10年間の金利を0.3%下げる
金利Bプラン:返済開始から5年間の金利を0.3%下げる

これであれば、金利Aプランの方がずっとお得ですよね。
でも、上記に挙げた4つの基準をもっと細かくした基準を満たせるかどうかで、AかBかが変わってきてしまうんです。

■金利Aプラン
【新築・中古住宅共通】
次の1~6までのうち、いずれか1つ以上の基準を満たす住宅であること

1.「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」に基づく「住宅事業建築主の判断の基準(通称 トップランナー基準)」に適合する住宅(一戸建てに限る)
2.認定低炭素住宅
3.一次エネルギー消費量等級5の住宅 平成27年4月1日から
4.長期優良住宅
5.耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)3の住宅
6.高齢者等配慮対策等級4以上の住宅(共同住宅の専用部分は等級3でも可)

■金利Bプラン
【新築・中古住宅共通】
次の1~6までのうち、いずれか1つ以上の基準を満たす住宅であること

1.省エネルギー対策等級4(平成27年3月31日まで) または断熱等性能等級4の住宅の住宅
2.一次エネルギー消費量等級4の住宅 平成27年4月1日から
3.劣化対策等級3の住宅で、かつ、維持管理対策等級2以上の住宅(共同住宅等については、一定の更新対策が必要)
4.耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上の住宅
5.免震建築物
6.高齢者等配慮対策等級3以上の住宅

【中古住宅特有の基準】
次の1~4までのうち、いずれか1つ以上の基準を満たす住宅であること

1.二重サッシまたは複層ガラスを使用した住宅
2.建設住宅性能評価書の交付を受けた住宅(省エネルギー対策等級2以上または断熱等性能等級2以上)または中古マンションらくらくフラット35のうちフラット35S(省エネルギー性(外壁等断熱)に適合するもの)として登録された住宅
3.浴室及び階段に手すりが設置された住宅
4.屋内の段差が解消された住宅

…………………なるほど

よーく分かりました。
正確には、分からないことが分かりました。
購入を予定している物件がフラット35Sの基準に適合しているかをハウスメーカーに聞く
これが近道じゃないでしょうか。

折角、買うならフラット35Sに準拠した家を

今回もズラズラと説明しましたが、フラット35Sで求められる基準では、家のスペック自体が購入者にとってメリットの大きいものでした。
そして金利です。期間限定とはいえ0.3%もフラット35よりも優遇されます。
家を建てるのも、新築・中古の物件を買うのも、まずはハウスメーカーと話をしますよね。
相手は、住宅のプロですので、買いたいなぁと思う物件がフラット35Sの基準を満たしているのか、まずは聞いてみましょう。

※この記事は2016年7月13日に書かれたものです。基準や条件は、その時々で変更される場合があります。

◆こちらの記事もチェック:
住宅ローンのフラット35、フラット35Sとは?長期固定金利について
フラット35
フラット35を夫婦で借りる
住宅ローン(フラット35)の団体信用生命保険
住信SBIネット銀行のフラット35

FP(ファイナンシャルプランナー)に無料相談

この記事のような自分に合った住宅ローンに関する事や審査に通るか不安、何から始めていいか分からないという方もご相談ください。

住宅ローンの一括審査申し込み(無料)はこちら

住宅ローンは比較が大事。複数の金融機関に仮審査を申し込み、審査結果を比較することで、自分に合った住宅ローンを選ぶことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加