住宅ローンのフラット35、フラット35Sとは?長期固定金利について

フラット35とは、民間金融機関と独立行政法人の住宅金融支援機構とがタッグを組んで提供する、長期固定金利の住宅ローンです。
また、フラット35Sとは、省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅についてのローン金利を、一定期間引き下げる制度のことです。

住宅ローンの金利

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

フラット35とは?メリットは?

フラット35のメリットは、審査のハードルが低いことです。独立行政法人である住宅金融支援機構がバックについているので、万が一ローンが焦げ付いてしまった場合には、住宅金融支援機構が民間金融機関に保険金を支払うことになっています。そのため、民間金融機関の住宅ローンよりも、審査の基準が緩くなっています。

今まで銀行で住宅ローンの審査に落ちてしまったという人でも、フラット35なら融資を受けることができるかもしれません。また、全期間固定金利であることもメリットのひとつです。

◆こちらの記事もチェック:
フラット35を夫婦で借りる
◆参考記事
住宅ローンフラット35の魅力

フラット35Sとはフラット35の借り入れ金利を一定期間引き下げる制度

フラット35Sには、借り入れ金利を10年間年0.6%引き下げる金利Aプラン、借り入れ金利を5年間年0.6%引き下げる金利Bプランの二種類があります。適用対象となるのは、家を新築する場合と購入する場合(中古住宅を含む)です。

【1】省エネルギー性
【2】耐震性
【3】バリアフリー性
【4】耐久性・可変性

4つの技術基準のうち、どれかを満たした物件だけに適用されます。この技術基準を満たすかどうかを、専門の調査機関が調べて、それに合格してはじめて住宅ローンを組むことができるようになっています。

金利Aプランでは、借り入れから10年間もの間、金利が引き下げられるため、それによってかなりの恩恵を受けることができます。フラット35を利用する場合には、フラット35Sの技術基準を満たしている物件かどうかを確認しておくとよいでしょう。

住宅ローンのフラット35に向いている人

フラット35は、審査が緩いので民間の住宅ローン審査に通らず困っているという人に向いています。
また、住宅ローンを組むときは、保証人をつけるのが常識ですが、フラット35は保証人不要です。したがって、保証人を見つけることが難しい人にも向いています。

そして、申し込んでから、最終的に手続きが完了するまで時間がかかるという特徴があります。その理由は、建設・購入する物件が住宅金融支援機構が定める技術基準に適合しているかどうかをチェックし、適合証明書を取得する必要があるためです。この適合証明書を取得して初めて、民間金融機関の審査が開始します。このように手続きに時間がかかるので、ご検討中の方は、できるだけ早めにご相談ください。


◆こちらの記事もチェック:
団信(団体信用生命保険)で気をつけるポイント
フラット35を夫婦で借りる

FP(ファイナンシャルプランナー)に無料相談

この記事のような自分に合った住宅ローンに関する事や審査に通るか不安、何から始めていいか分からないという方もご相談ください。

住宅ローンの一括審査申し込み(無料)はこちら

住宅ローンは比較が大事。複数の金融機関に仮審査を申し込み、審査結果を比較することで、自分に合った住宅ローンを選ぶことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加