住宅ローンを比較するポイント

マンションの購入が決定!住宅ローン選びで注意しなければいけないのは、保証金のほかにも融資手数料があった。
ファイナンシャルプランナーの渡邊さんが金利から手数料まで注意したいポイントを解説。

住宅ローンの比較方法

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

奈美(30代主婦):今度、マンションを購入することにしました

渡邊さん:おめでとうございます。もう、住宅ローンは選びましたか?

奈美:はい。夫とあれこれ調べましたが、あるインターネット銀行の住宅ローンがいいかなと思っています。金利が低いですし、その他の費用も安く済みそうです。

渡邊:ネット銀行は店舗や人件費などのコストがかからない分、金利は低めに設定されています。魅力的な住宅ローン商品もありますしね。ところで奈美さん、住宅ローンを比較する際のポイントって、何だと思います?

奈美:一番は金利、でしょ?

渡邊:その通り。まずは金利が気になりますよね。固定金利選択型や変動金利型など、住宅ローンには様ざまな金利タイプがありますが、タイプと期間が同じなら金利が低い方がおトクです。場合によっては、トータルで数百万円もの違いが出ますから、見逃せませんね。

奈美:あと、その銀行は保証料が無料で、それも魅力でした。

渡邊:みなさん見落としがちですが、住宅ローンは返済以外にも、"諸費用"として様ざまなお金がかかるんです。保証料もそのひとつで、一般的な金融機関ですと3千万円を30年間で借りた場合の保証料(一括前払い方式)は、約57万円もかかります。

渡邊:よかった! やっぱり、私の目に狂いはなかったんですね。

渡邊:でも、早合点は禁物です。融資手数料もしっかり比較してみないといけませんよ。

奈美:融資手数料…ですか?

渡邊:融資手数料も諸費用として、ローン返済とは別に考えておく必要があります。金融機関によって、計算方法が異なりますから要チェックです。

奈美:詳しく、教えてください!

渡邊:一般的な金融機関では、3万円(税抜)のところが多いのですが、ネット銀行は数万から10万円程度の定額制や、融資金額の2%(同)というケースもあります。この「融資金額×○%」を定率制と言って、とくに気をつけなければいけないポイントです。

奈美:2%というと、3千万円借りたら60万円ですね。保証料が無料でも、融資手数料で帳消しになることもありえるわけだ。

渡邊:住宅ローンの諸費用を比較する場合は、保証料と融資手数料をセットにして検討するとよいでしょう。また、保証料がかからず、融資手数料も安いけど、金利は他の金融機関よりも少し高めという場合もあります。

奈美:融資手数料はウッカリしてました。確認しなきゃ。

渡邊:それともうひとつ、団体信用生命保険も覚えておいてください。ネット銀行の団信は、保障の範囲が広くて結構魅力ですよ。

奈美:へー。たとえば、どんな保障が付いていますか?

渡邊:一般的な団信は、契約者が亡くなったり、高度障がいになったときに、ローンの残債が全額弁済されます。その保障を広げるには、通常0.3%ほど金利を上乗せする必要がありますが、一部のネット銀行ですと、金利を上乗せしなくても、3大疾病に加えて糖尿病や慢性腎不全など、重度慢性疾患まで保障するものがあります。

奈美:夫も40歳を過ぎていますから、生活習慣病は気になります。その点は安心ですね。

渡邊:ネット銀行の住宅ローンはいろんな特徴がありますが、一般の銀行にも窓口で相談できる頼もしさがあります。住宅ローンは難しいですから、わからないことは何でも聞ける安心感は大きいですよ。諸費用を含めたコスト試算と、サービス面の兼ね合いをどう考えるか、これが重要なポイントです。

奈美:金利だけじゃないんですね。もう一度、夫と話し合ってみます。

ニッキンマネー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加