住宅ローンの選び方は??

住宅ローンの選び方は、その本人の状況にとって最適なものを選ぶことです。
住宅ローンには、大きく二種類あります。返済額が一定の全期間固定型、返済額が変動する変動型や、固定期間選択型です。
基本的には全期間固定型ですが、将来に大きな収入が望める人は変動型や固定期間選択型でも構いません。

住宅ローンの比較方法

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

頭金の額と手取り年収・つなぎ融資の確認

住宅ローンを選ぶ際は、まず用意できる頭金の額と手取り年収を計算し、つなぎ融資を利用したいのであれば借り入れを検討している銀行がつなぎ融資を行っているかの確認が必要です。
住宅ローンの頭金は、本人の手取り年収を考慮して考えたほうがよいです。それが低いようなら、住宅ローンを組む前に頭金を貯め、月々の返済額を減らす方が無難です。
頭金は、多ければ多いほどよいと一概には言えませんが、頭金が多い方が選べる住宅のバリエーションが増えます。かといって頭金が多すぎて生活に困るようでは本末転倒です。自分の貯蓄をよく確認してから頭金の額を考えてください。
つなぎ融資も手取り年収を考慮すべきです。年収が低い人にはお勧めしません。新築一戸建ての着工、中間金の額が住宅ローンにプラスされますので、月々の負担が大きくなります。それが低いようならやはり始めからお金を貯めておくのがよいでしょう。

住宅ローン金利タイプの選定と返済シミュレーション

住宅ローンの金利タイプには前述の通り二種類あるため、金利タイプから住宅ローンを選ぶことも必要です。基本的には全期間固定型です。これは、金利が一定で変わらないため安心して返済し続けることができます。そのため将来の計画が立てやすく、最もリスクが少ない選択です。
次は民間ローンに多い変動型です。これは常に金利が変動し続け、一定でないです。金利が低くなることもありますが、逆に高くなることもあるので安定した収入がないと厳しいでしょう。民間ローンには固定期間選択型も多いです。これは変動型と同じく金利が変動しますが、金利を一定期間のみ固定することができます。期間は長いほど金利が高くなりますが、金利を安定させたい時期を選べるため経済的です。
どれにしたらいいのかわからないという人は、返済シミュレーションなどで額を試算してみるのもよいでしょう。

住宅ローン諸費用・手続き・保証料のチェック

住宅ローンをシミュレーションして大丈夫だったとしても、諸費用(手数料)や保証料などもあります。
諸費用(手数料)はいくつもあり、印紙代、融資事務手数料、抵当権設定登記費用など諸々の種類の諸費用があります。
それも住宅を購入する場合の諸費用は、おおよそ200万円にもなります。住宅ローンと合わせると、収入が安定している人でもかなりの貯蓄が必要です。そしてその割合の多くを占めるのが保証料です。信用保証会社によって異なりますが、分割払いの場合はおよそ150万円。一括払いでもおよそ70万円になります。どちらにせよ、それなりの金額を必要とするため、貯蓄はなるべく余裕を持って、住宅ローンを検討するのがよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加