住宅ローンの仮審査(事前審査)に通らない!落ちる理由・原因

住宅ローンには仮審査(事前審査)と本審査がありますが、中には仮審査(事前審査)に通らない方もいます。
そこで今回は、仮審査(事前審査)に落ちる原因や理由について考察すると共に、審査基準をご紹介していきます。
これから審査を受ける方や審査に落ちた経験がある方必見です。

住宅ローンの審査に通らない理由・原因

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

民間ローンの住宅ローンとフラット35の仮審査(事前審査)

住宅ローンの仮審査(事前審査)の審査基準は金融機関によって重視するポイントは違いますが、完済時と借入時の年齢・年収・勤続年数・返済負担率・担保評価・健康状態などが挙げられます。
返済負担率とは年収における住宅ローンの比率で、概ね約35%以内に収まっていれば審査に通り、返済能力がチェックされます。年齢などは高いとネックになる話は良く聞きますが、大半の銀行が80歳未満で完済するかどうかを基準としており、親子リレーローン以外では重要なポイントのようです。勤続年数は1年以上を基準とする機関が多く、意外と緩く感じます。
フラット35では返済能力と物件内容の2つだけがチェックポイントになり、どちらかと言えば収入などの人物的な部分よりも物件を重視しています。

住宅ローン借り換え時の仮審査(事前審査)の審査基準

住宅ローンの借り換え時でも、前の金融機関の審査を通ったからと言って、借り換え時の借り入れ先も問題ないとは限りませんので注意します。
新規借り入れと違う点は建物の価値が目減りしている点が挙げられ、約10年後には減価償却で価値は半分近くまで落ちてしまいます。しかし価値が半分でもローンも半額になっているとは限りませんが、金融機関的には借り換えしてもらって融資額を増やしたいのが本音です。そこで担保評価額を甘くし、人物評価を厳しくしてバランスを取ります。新規での年収基準が200万としたら借り換えは300~400万以上とするケースが多く、返済負担率も新規が35%以内だったのが30%以内など厳しくなります。新規と違って返済遅滞がないかも評価されるので支払いはキチンとしておきましょう。

住宅ローンの仮審査(事前審査)に落ちた人はどのようにすればよいか

住宅ローンの仮審査(事前審査)で落ちた人の傾向として、勤続年数が少ない・転職を何度も繰り返している・返済負担率が高い・過去に延滞や未納など返済事故があるが挙げられます。
返済負担率は借り入れ金額を抑える事で解決しますが、出来るだけ借りられなかった分は頭金で納めるようにしましょう。
他にクレジットカードを複数所有しているケースで、キャッシング枠も借金扱いになるので不要なカードは処分するようにします。中には国民年金の支払い実績がないだけでアウトとする機関もあるので、税金の未納も無くしましょう。

◆こちらの記事もチェック:
住宅ローンの本審査に通らない!落ちる理由・原因
どのくらいかかるの?住宅ローンの審査期間
教えて!住宅ローンの審査に落ちたことはありますか?
住宅ローンの審査基準・審査項目~健康状態・病気について~
住宅ローンに関するFPへの相談はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加