住宅ローン審査に落ちた!親に融資してもらう?

皆さんはどういった時に親からの自立ということを感じるでしょうか?大学進学で親元を離れた時でしょうか、それともはじめてお給料をもらったときでしょうか。
人によってそれは様々ですが、マイホームを購入するという段階でそう感じる方も多いでしょう。その際にネックになるのが住宅ローン。
万が一、借りられない!となってしまった時、あなたはどうしますか?親に助けてもらうという方も、結構いるのではないでしょうか。
そこで、住宅ローンが借りられない際に親から融資を受けるのはアリかどうか、アンケートを取りました。

住宅ローンの審査に通るためのポイント

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

【質問】
住宅ローンが借りられない!親からの融資を受けるのはアリですか?

【回答数】
はい:68
いいえ:32

悪い気はするけど…余裕があるなら

アンケートの結果、はいと答えた方がいいえの2倍近くに達しました。

・頼れる時に頼れればと思います。しかし、それは最終手段なのでそれまでにやれることをやろうと思います(30代/男性)

・親自体の生活が困らないのであれば、親からの融資はありと思います。(40代/男性)

・他の人ではなく、親に頼むのであれば仕方がないことだと思ったので。(20代/女性)

・返せない住宅ローンを組むのはよくないけれど、親の資産が多いのならばいいと思います。(50代/女性)

はじめから全面的に頼ってしまうのはよくないけれども、親自身の貯蓄に余裕があって、なおかつ生活に困らない程度なら融資してもらうのはアリだという回答が多くありました。確かに融資を受けるのでも、他人から受けるよりは見知った親から受けるほうが安心できますよね。
しかし、困った時に一番頼りになるのは親だけれどもお金のやり取りをするという以上、何の負い目を感じることのない人は少ないようです。

その住宅購入、ホントに大丈夫なの?

一方、いいえと答えた人は、はいの2分の1になりました。

・もう大人だから親に援助してもらうのは嫌です。大きな金額になるしありえない。(50代/女性)

・住宅ローンが借りられないのならば、借りられる様になればいい。それが出来ないのならば、ローンに手を付けないほうがいい。(20代/女性)

・借りられない理由がある経済力で、住宅ローンを組むのは、問題あり。親から借りても、その後の支払いが出来ないのでは?と思います。(40代/女性)

・数百万単位で足りないならアリですが、全く借りられないほどの経済状態ならナシです。そもそもローンの審査が通らなかった時点で住宅購入はあきらめるべきです。(30代/女性)

もう大人になった時点で、いつまでも経済面を親に依存していることがまず考えられないといった意見や、そもそも住宅ローンが借りられないと決まった時点で住宅購入に対して問題があるという意見が多かったです。
住宅ローンが借りられない理由についてはみなさん様々な事情があるとはいえ、自分が有している経済力を超えて家を持つというということに対して抵抗を感じるというという方が多いようですね。

融資を受けるならけじめをしっかりつけましょう

結果的には、親から融資を受けるのはアリという意見が数的には多かったものの、親からお金を借りるということに対しては皆さん複雑な思いがあるようです。親の老後を考えるとなおさらそう思わざるを得ませんよね。
家を買うというのはすなわち、人間的にも経済的にも自立するということ。特に家庭を持っている男性の方ならこれから自分が一家の大黒柱として家族を支えるケースが多い以上、人生の中で大きな転換期になります。一生に一番大きな買い物、万が一親から金銭的な融資を受けるようなことがあっても、部分的に負担してもらうことにとどめたり、利子なしで将来的に返済するなどして大人としてのけじめをつけたいものですね。

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2015年08月11日~2015年08月25日
有効回答数:100サンプル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加