住宅ローン審査に通らない理由~落ちた場合どのようにすれば通るか~

金額も大きく返済期間も長期に渡る家のローンには、借り入れの際に住宅ローン審査を受ける必要があります。
では、実際問題、この審査に通らないケースとはどういった場合でしょうか?また、どんな方が審査に通っていないのでしょうか?

住宅ローンの審査に通るためのポイント

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

住宅ローン仮審査(事前審査)に通らない理由・原因

住宅ローンには、本審査を受ける前に受けられる仮審査(事前審査)があります。
文字通り仮の審査なのですが、この審査に受かったからといって、油断はできないのが事実です。仮審査(事前審査)というのは、インターネット等に入力された個人情報を元に審査を行うのですが、この段階でまず見られるのが、借り手の勤務先や年収などです。
それ以外に重要とされているのが、個人信用情報といって、過去の延滞や金融事故についての個人情報が登録されている機関が行う審査になります。この個人信用情報に引っかかってしまうと、仮審査(事前審査)の段階で通らないといったケースも出てくるのです。
仮の審査とはいえ、この段階での信用度がいかに大切か、がわかる審査となっているのです。

住宅ローン本審査に通らない理由・原因

仮審査(事前審査)に通過すると、次はいよいよ本審査が待っています。
では、この審査に通らない原因としては、どんなことが挙げられるのでしょうか?
勤務先や年収については、仮審査(事前審査)の段階で通過しているので、本審査で最も重要視されているのが、金融機関への信用度になります。
金融機関としては「住宅ローンという長期の返済を続けていける人かどうか」を見ているのです。
収入が安定しているかどうかを見られるので、個人事業主は開業して間もないと信用が少ないことになりますし、会社員でも勤続年数が短いと信用が少ないことになります。他にも、車など他のローンの借り入れがあったり、消費者金融やクレジットカードのブラックリストに載っている方は、実際の審査ではまず通らないと思っておいた方がよさそうです。

住宅ローン審査に通らない・落ちた人はどのようにすればよいか

それでは、住宅ローン審査に通らなかった場合は、どうすればよいのでしょうか?諦めるしかないのでしょうか?
審査に通るには、過去の借金や他の借り入れがなく、安定した収入が継続してあることが必要な条件となっています。これを目指すようにしてみましょう。期間はかかりますが、他の借り入れを完済する、貯金を増やす、安定した収入を継続して得る、など、金融機関の信用度を増していくことで、審査が通りやすくなっていきます。
また、複数の金融機関に審査を申し込むこともひとつの方法です。ひとつの金融機関の審査に落ちたからといって、他の金融機関でも通らないということはありませんから、諦めずに他の金融機関を探すことも大切かもしれません。不安な時は一度、専門家に相談をしてみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加