住宅ローンの事前審査から融資実行までの主な流れ

マイホームを購入する時にやはり気になるのは、「どんな準備が必要なのか」「審査に通るだろうか」とい点ではないでしょうか。そもそも審査に通らなければ、住宅ローンを組むことはできなくなり、夢のマイホームが遠のいてしまいます。
そこで、(事前)審査でチェックされる項目や、どのような準備が必要なのかを確認しておきましょう。

住宅ローンの審査に通るためのポイント

森田 和子(もりた かずこ)

森田 和子(もりた かずこ) 1級ファイナンシャル・プランニング技能士

金融商品の仲介業を行わない独立系のFPとして個人の方への資産・家計のコンサルティングを行っている。お金の管理は「楽に、楽しく」、相談される方を「追い詰めない」のがモットー。企業・学校・イベント等で行うマネープランセミナー・講演も好評。「おかねネット」主宰http://okane-net.com/
【企画・編集/SAKU株式会社】

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

住宅ローンの審査でチェックされる項目は

住宅ローンの審査は、貸す本人と物件に対してされます。例えば、銀行などの金融機関は「確実に貸したお金が返済できる方だろうか」「もし返済ができなかった場合に、担保に融資額相当の価値があるか」などを確認するために行います。
したがって、審査でチェックされる項目は、年齢、勤務先、雇用形態、勤続年数、年収、預貯金、他の借り入れ状況、クレジットカードの利用歴、滞納履歴、住まいの状況、担保となる物件の価値と様々です。実は、気になる審査の基準はというと、各銀行などの金融機関によって異なり、公表されていません。ですので、A金融機関で審査が通らなくても、B金融機関では審査が通るということも考えられます。

短期間で済む住宅ローンの事前審査

正式な本審査の前に、簡単な方法で「融資する・しない」の審査をしてくれるのが事前審査(仮審査)です。本審査では様々な書類を揃えて提出しますが、仮審査ではそれよりも少ない書類で済むのが一般的です。

【事前審査に必要な書類の例】
・本人確認書類
(運転免許証、パスポート、健康保険被保険者証など)
・年収確認資料
(直近の源泉徴収票、課税証明書、確定申告書など)
・購入物件の所在地、面積、間取りなどの概要が分かる書類
(販売チラシ、見積り書、間取り図など ※借り換えの場合は売買契約書、重要事項説明書、登記簿謄本、土地公図、地積測量図など)
・借り換えの場合の返済予定表、返済用口座通帳など

銀行などの金融機関の窓口に出向くのでしたら、必要書類を事前に確認するとよいでしょう。
一方、ネット銀行ではインターネット上で必要事項を入力すれば仮審査の申し込みは終了します。
事前審査の期間は短く、3営業日以内と明記しているところもあります。翌日に回答をもらったという人もいますが、1週間ほどかかる場合もあると考えておくと安心です。

住宅ローンの本審査では多くの書類が必要に

数日で結果が出る事前審査とは違い、本審査は数週間かかるのが一般的です。早い人でも1週間程度、中には1か月ほど待ったというケースもあります。団体信用生命保険や物件の審査もあるので、時間がかかるのは仕方がないともいえます。購入プランを立てる時には審査結果に時間がかかる場合も想定し、時間に余裕をもっておきましょう。

それでは実際にどのような書類が必要になるのか見てみましょう。
【本審査に必要な書類の例】
・住民票の写し
・健康保険証
・源泉徴収票
・住民税課税証明書または住民課税決定通知書
・法人決算書(会社役員の場合)
・利用中のローン返済予定表
・利用中のローンの返済が確認できる通帳またはローンの残高証明書
・重要事項説明書
・配置図、建物図面(間取り図)、チラシなど
・その他借り入れの返済予定表等
・不動産売買契約書
・印鑑登録証明書
・この他にも住宅ローンの申込書や団体信用生命の申込書などが必要になります。
※ここで紹介したものは一般的なケースですので、実際には申し込みを検討される金融機関にあらかじめご確認ください。

住宅ローン融資までの流れ

事前審査が通ったら、「不動産売買契約締結」をします。住宅の売買契約が終わってから本審査を申込みます。万が一、本審査が通らなかった場合には「売買契約をしたのに、住宅ローンから借り入れできず、お金の工面ができない」という状態に陥ります。そこで、売買契約時に「ローン特約」を結んでおきます。
「ローン特約」をつけておけば、審査が通らず住宅ローンの借り入れができなかった際には、住宅の売買契約をキャンセルすることができるため安心です。
本審査で融資が決定すれば、住宅ローン契約の手続きへと進みます。あらかじめ指定した借り入れ日には口座に借入金が振り込まれて融資実行となります。

新規で住宅ローンを申し込む方にとって、書類の用意は煩雑です。また、せっかく時間をかけて見つけた夢のマイホームですから、しっかり融資実行まで達成したいものです。
そのためにも、あらかじめ、どのような事柄が審査事項にあるのか、確認しておくと安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加