住宅ローンの事前審査(仮審査)から本審査までに注意したい点

住宅ローンを借り入れする際の審査では、事前審査は通ったのに「いざ本審査」という時に通らなかったということもあります。住宅ローンの事前審査と本審査の間に注意したいことや、その違いについてお伝えします。

住宅ローンの審査に通るためのポイント

江原さとみ ファイナンシャル・プランナー

江原さとみ ファイナンシャル・プランナー

ファイナンシャル・プランナー、FPオフィスなでしこ代表(http://www.fp-nadesiko.com/)。SEとして働きながらFP資格を取得。その後の証券会社や生・損保代理店での勤務経験を活かし、セミナーや執筆、個人相談など積極的に活動している。「お金の話を身近に、わかりやすく」がモットー。
【企画・編集/SAKU株式会社】

住宅ローンの申し込みは事前審査から

住宅ローンを借りようと考えたら、まずは情報収集から始めましょう。どこの銀行などの金融機関で借りるのか、どんな種類の住宅ローンを借りるのかなど、ある程度の希望を固めておきます。希望する住宅ローンが決まったら、まずは事前審査(仮審査)です。銀行などの金融機関の住宅ローンには審査がありますが、実際に借り入れできるかどうかを行う本審査の前に、この銀行などの金融機関に申し込んだら審査が通るかどうか、見込みをつけることができるのが「事前審査」です。
実際に借りる銀行などの金融機関は1つでも、事前審査では複数の銀行などの金融機関に申し込みましょう。基本的に、銀行などの金融機関は審査基準を公開していません。そのため、A銀行では審査が通らなかったけど、B銀行では審査が通ったというケースも考えられます。
まずは、事前審査(仮審査)を申し込んで第一関門を突破することがスタートです。

銀行などの金融機関はどんなことを審査しているのか

前述したように、銀行などの金融機関は審査基準を公開していません。とはいえ、どんな事項を見ているのか気になるところです。ある銀行の事前審査では、申込者の年収、資産状況、借入希望勤務先の情報(所在地や資本金、従業員数など)や、購入物件の面積や構造などを事前審査の申込時に確認しています。
また、住宅ローンの審査で重要視されている項目の1つは、総返済負担率。総返済負担率とは、年収に対する年間返済額の割合のことです。この総返済負担率が金融機関の基準値よりも高い場合は審査をクリアできません。

事前審査から本審査の間にこんなことがあったら要注意

事前審査で重要視されている項目の1つである「総返済負担率」。事前審査の審査期間中や事前審査と本審査の間に総返済負担率が変わってしまうと、事前審査には通っても本審査がクリアできないということになってしまいます。総返済負担率は、年収と年間の返済額の割合になり、年間返済額は借入金額や返済期間、金利によって決まります。
つまり、本審査までの間に年収や金利が大きく変化してしまったら、本審査を通ることができなくなってしまうのです。また、勤続年数も大切です。本審査までの間に転職した、独立して自営業になったなど勤務状況の変化も重要です。
また、銀行などの金融機関で住宅ローンを借りる場合、団体信用生命保険(団信)の加入を条件としている場合が多いです。そのため、事前審査とは違い、「健康状態」によって団信に加入できるかどうかということも本審査では重要になります。通常の団信に加入できなくてもより加入しやすい条件の「ワイド団信」に加入できれば住宅ローンの借り入れが可能になります。
ただし、ワイド団信は通常の団信に比べて金利が高く設定されているため、総返済負担率も変わります。本審査で焦ることが無いよう、通院歴などの不安があるようでしたら早めに金融機関へ相談しておきましょう。
また、住宅ローンを借り換える場合には、本審査までの間に住宅ローンなどの滞納が無いよう注意しましょう。

住宅ローン以外の借り入れは早めにクリアにしておく

審査に影響があるのが「総返済負担率」ですが、そのほか「銀行系のカードローンなどの借り入れの状況やその返済の履歴」も重要です。一般的には「審査に通らなかった」など場合はこれら2つが影響していることがあります。
このような結果にならないために、申し込みをする前には住宅ローン借入額を含めたローン全体が年収に対してどのくらいの負担なのか、また、その年の返済額はいくらになるのか、などを把握しておきましょう。
また、使っていないクレジットカードがあれば早めに解約をしましょう。クレジットカード内にキャッシング枠やリボ(リボルビング)枠があればこちらも使用していないのなら解約できるようであればしておきます。もちろん、借入残高があるならすぐに完済しましょう。
そして、本人自身も分かりにくいのが「個人信用情報」の状況です。これは自分で確認することができますので、とくに返済がある支払いにおいて過去に返済の支払遅延をした経緯があるなら、あらかじめ個人信用情報について確認しておくと安心です。

事前審査から本審査までに注意したいことについてお伝えしました。事前審査に通ったからと言って本審査に通るとは限らないというのが正直なところ。
事前審査はもとより本審査で残念な思いをしないためにも、不安な点は早めの対応を心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加