住宅ローンの借り換えを検討するなら、「ソニー銀行 変動セレクト住宅ローン」がおすすめ

ネット銀行、メガバンクなど、さまざまな住宅ローン商品があるなか、今回はソニー銀行に注目します。

10年前、固定金利で借りた住宅ローン。月々の負担、将来様々なリスク要因もあり、「そろそろ借り換えようかな」と考える方も多くいらしゃると思います。いま、ネット銀行やメガバンクなど、幅広く様々な住宅ローン商品がラインナップされていますが、今回、住宅本舗が特におすすめする
ソニー銀行 変動セレクト住宅ローン」について紹介します。

ソニー銀行 変動セレクト住宅ローンのおすすめポイント

  1. 業界屈指の低金利
  2. 団信のラインナップがすごい
  3. 返済プランの変更がいつでもどこでも無料
  4. 来店不要のネット完結、さらに7つの0円

▼ポイント① 業界屈指の低金利

住宅ローンの借り換えを検討するうえで、誰しも一番重要なのは「金利」だと思います。ソニー銀行の金利は住宅ローン業界のなかで、屈指の低金利なので、変動金利、固定金利どちらにしようか迷っている方も安心です。低金利の背景には、ソニー銀行はメガバンクや地方銀行のように店舗を持たない銀行のため、設備や人件費などのコストを抑えることで金利や手数料に還元しているからです。

<ソニー銀行住宅ローンの取り扱い商品>

  • 変動セレクト住宅ローン 変動金利を重視する方におすすめ(住宅本舗のおすすめです)
  • 固定セレクト住宅ローン 新規お借入時に固定金利を重視する方におすすめ
  • 住宅ローン       借入時に取り扱い手数料を安くしたい方におすすめ

 

▼ポイント② 団信のラインナップがすごい

死亡保障や高度障害に備える団信は一般的(ローン借入時の義務)ですが、不安定要素の多い今の時代、病気やケガなどに備える「医療・疾病保障付き団信」も非常に大切です。

ソニー銀行の団信は、がん団信100、がん団信503大疾病団信、生活習慣病団信、とラインナップされ、さらに給付特約もあります。なかでもがん団信100(がんと診断確定された時点で住宅ローン残高の100%(全額)が保険金で支払われる保障)」は、特におすすめです。

他の銀行で同じ団信を付けると、適用金利に0.2%~0.3%上乗せとなりますが、ソニー銀行は0.1%の上乗せだけと非常にお得です。将来の不安払拭のためにぜひ付けておきたい団信です。

▼ポイント③ 返済プランの変更がいつでもどこでも無料

変動金利で住宅ローンを組む場合、どうしても将来的な金利上昇が不安な方もいると思います。ソニー銀行では、「将来金利が上がりそう」と思えば、ネットから24時間いつでも固定金利に変更することが可能です。

他の銀行の場合、金利タイプ変更手数料が掛かりますが、ソニー銀行はいつでも無料で変更することが可能なので安心です。このサービスは、ソニー銀行の最大の強みの一つと言えるでしょう。

▼ポイント④ 来店不要のネット完結、さらに7つの0円

仮審査はネットで24時間いつでもどこでも申込可能です。仮審査の結果は、AI導入により最短60分で回答してくれるので、お急ぎの方や仕事で忙しい方にはおすすめです。ソニー銀行の口座がなくても無料で仮審査の申込みができます。契約時もネットで完結する電子契約により、手続きを素早く完了できるので安心です。また住宅ローン選びに重要な諸費用ですが、ソニー銀行では以下についてすべて0円なので、借入時はもちろん、借りた後もすごくお得です。

<7つの0円>

  1. 保証料
  2. 団信生命保険料(一般団信)
  3. 繰上げ返済手数料
  4. ATM手数料(Club S シルバーの場合月7回まで)
  5. 金利タイプ変更(変動→固定)
  6. 電子契約による契約書印紙代
  7. 返済口座への資金移動

 

▼まとめ

これまで述べたようにソニー銀行は、低金利ということだけでなく他にもお客さまにとって様々なメリットが用意されていることから、すごくバランスの取れた住宅ローンだと言えると思います。もし、わからないことや聞いてみたいことなどがあれば、専任ローンアドバイザーが丁寧にサポートしてくれるので、ぜひお問い合わせいただければと思います。