火災保険の家財保険の違い!金額の目安と補償例は?

家財保険と火災保険との違いについて解説!どんな補償があるのかに加え、保険金額の目安や実際の補償例を紹介します。家財にまで保険をかける必要性があるのか迷った方は参考にしてください。

住宅ローンと火災保険

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

nathan-fertig-FBXuXp57eM0-unsplash

火災保険では建物だけでなく、家財の補償を受けることができます。

自宅の火災事故に備えて火災保険に加入する方は多いかと思いますが、家財にまで保険をかける必要性があるのか迷った方は多いのではないでしょうか?

「そもそも家財保険って何だろう?」と疑問に思っている方もいるかと思います。

ここでは、家財保険とはどんな補償であるのかに加え、火災保険との違いや必要性について解説していきたいと思います。家財も生活には必要なものですので、しっかりと理解をしたうえで検討したいものです。

そもそも家財保険とは?

火災保険を決めるときに、保険の対象を「建物のみ」「家財のみ」「建物と家財の両方」の3パターンから選びました。家財保険は、この保険の対象に「家財」を含めることを意味し、家財の損害があった際に保険金を受け取ることができます。つまり家財保険とは、火災保険の保険対象設定の一部ということです。

補償の対象

 

家財保険の保険金額の決め方

家財を保険の対象とする場合は、家財の保険金額の設定が必要となります。生活が長くなるほど、家族が増えるほど、家具や家電といった家財の量は多くなります。洋服や趣味の道具など細かなものを含めると、家族みんなの家財の合計金額は高額になります。

下の表は、家財の新価で評価した保険金額の目安となります。

家財保険金の目安

参照:宅建協会

 

家財保険の特徴と補償例

家財保険の特徴は、補償される損害が日常生活で比較的に起こりやすく、保険金を受け取ることができる機会が多いことです。

火災保険の「補償範囲」には、火災や水災などの他に、様々な補償設定ができます。

基本
補償
火災 火災の損害を補償。もらい火や放火も補償範囲。
落雷 落雷による損害を補償。
破裂・爆発 ガス漏れなどによる破裂・爆発を補償。
風災・雹災・雪災 風災は台風や暴風などによる風での損害を補償。
雪災は豪雪や雪崩などの損害を補償。
カスタム
補償
水災 台風や豪雨による洪水などの水災を補償。
盗難での盗取・損傷 盗難による、盗取や損傷を補償。
漏水による水濡れ 排水や他の家から生じた漏水による損害を補償。
偶発的な事故による破汚損 誤って建物や家財を壊してしまったなど
偶発的な事故による損害を補償。
(破汚損があっても機能に支障がない場合は除く)
建物外部からの
物体の落下・飛来・衝突
自転車や車の衝突や
鳥などが落とした落下物での損害を補償。

 

実際に損害が起こりうるケースを考えると、建物より家財の補償を受けるケースが多くなります。

 

建物の損害の想定ケース

  • 火事によって、家が燃えてしまった。(火災)
  • 近くの河川が氾濫し、浸水被害にあった。(水災)
  • 台風によって、屋根が損傷した。(風災)
  • 偶発的な事故で、窓ガラスが割れてしまった。(偶発的な事故による破損)
  • 車に突っ込まれて、外壁が壊れた。(建物外部からの衝突)

 

家財の損害の想定ケース

  • 子供やペットが遊んでいて、家電を倒し破損した。(偶発的な事故による破損)
  • 模様替え中に、家電を落としてしまった。(偶発的な事故による破損)
  • 落雷によって、過電流が発生しパソコンが壊れた。(落雷)
  • 自宅に置いていた、自転車が盗まれた。(盗難による盗取)
  • 食器の整理中に、お皿をまとめて割ったしまった。(偶発的な事故による破損)

 

建物の補償は、万が一の際は非常に大きな助けとなりますが、日常生活でなかなか起こる事態ではありません。それに対して家財の補償は、日常生活では比較的に起こりやすい例が多く、保険金をうけとることができる機会が多くなります。

 

家財保険の必要性はあるか?

家財保険は必ず必要であるとは言えません。

小さな子供やペットがいて家具が心配、盗難に被害の多い電動自転車を持っている、家族に男性が多く物運びは安心で事故の心配はない、など家庭の構成や経済状況で考え方が大きく変わります。

火災や水災など、建物と家財の両方に被害があった場合は安心できます。しかし、その可能性と家財保険料を考慮すると、建物の保険金がもらえれば、家財は自分の資金で買いなおす余裕がありそうだと考える家庭もあるでしょう。

しかし、生活に最低限必要な家財を買いなおすほどに経済状況の余裕がない場合は、加入しておく必要があるでしょう。建物については賃貸など仮住まいをすることができますが、家財は必要なものをすぐに揃えなければ生活ができません。

家財保険の設定は任意ですので、生活の状況をしっかりと考慮した検討が必要です。

まとめ

家庭の生活状況を考えながら適切な設定をして火災保険に加入しましょう。

 

【住宅本舗は火災保険の複数見積りをオススメ!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイホームの購入を検討している

マイホームの物件が決まった

住宅ローンを返済している

借り換え金利ランキングNo.1