台風被害を火災保険で補償する【水災・風災の補償】

台風での水災・風災を補償するために正しい火災保険の設定を解説します。異常気象が原因で、年々と台風被害を受ける世帯が増え、生活に大きな影響がでています。きちんと補償を受けるため、火災保険の補償内容をこの機会に確認してみましょう。

住宅ローンと火災保険

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

cyclone-2102397_1280

異常気象が原因で、年々と台風によって被害を受ける世帯が増えています。

台風による自然災害は、場合によっては生活に大きな被害と影響をもたらします。

台風による被害は、火災保険で補償を受けることができますが、そのために補償の内容を正しく設定する必要があります。

被害を受けたのにも関わらず、補償内容が正しく設定できておらず、十分な補償を受けられなかった方が多くなっています。住宅の二重ローンや家財の買い直しなどと生活が大きく変化してしまった方が増えています。

住宅本舗では、きちんと補償を受けていいただくため、火災保険の見直しや確認をおすすめしております。台風による被害に備えて、この機会に確認してみましょう。

火災保険で補償可能な台風被害は?

台風によって起きる被害は、火災保険の「水災補償」、「風災補償」、「落雷補償」の3つで備えることができます。被害の内容により、どの補償が適用されるか異ります。

 

水災:台風や豪雨などによる、洪水・高潮・土砂崩れによる被害。

風災:台風、竜巻、暴風などによる被害。

落雷:落雷による被害。

 

「落雷補償」「風災補償」は基本補償として備わっているので問題はないかと思いますが、

「水災補償」は取り外しのカスタマイズが可能な補償になります。

実は契約中の火災保険では設定せずに契約している可能性も。

加入中の保険では、どの補償が適用されているか確認しましょう。

火災保険の補償対象となるものは?

火災保険を契約する際には、保険の対象を決定します。主に、「建物」・「家財」・「建物と家財」で設定することができます。何を保険の対象にするかで、補償される内容が異なります。加入中の保険では、何を保険の対象とされているか確認しましょう。

火災保険の対象

補償の対象

実際にどんな補償がされるのか?

broken-1391025_1280

パターンA

被害箇所・被害内容:台風で玄関のドア壊れてしまった。

対象:建物

適用補償:台風による風災のため、火災保険の風災補償が適用

補償内容:損害箇所の回復のために必要は費用が補償され受け取ることができる。

 

【補償されなかった例】

・補償の内容に「風災補償」を設定していなかった。

→自己負担でドアを修理。

 

パターンB

被害箇所・被害内容:台風により、近くの川が氾濫。床上が浸水し、家具が使えなくなった。

対象:建物と家財

適用補償:台風による水災のため、火災保険の「水災補償」が適用

補償内容:損害箇所の回復のために必要は費用が補償され受け取ることができる。

 

【補償されなかった例】

・補償の内容に「水災補償」を設定していなかった。

→全ての被害を自己負担。

・補償の対象を建物だけに設定していた。

→床上の修理は補償されたが、家具の補償は受けられず自己負担で再購入。

【注意点】被害にあった際に受け取れる保険金

保険金の支払い金額

火災保険では、損害にあった金額が保険会社から支払われますが、必ずしも損害額を満額もらえるとは限りません。

支払い金額の上限は、契約時に設定した保険金額になります。また、保険会社によっては、免責金額(自己負担金額)が設定されている場合があります。免責金額はある場合は、損害額から免責金額を差し引いた金額は保険金として支払われます。

免責金額については、各保険会社によって契約内容が異なるので確認が必要です。

保険金支払い額=損額額―免責金額

まとめ

同じ台風による被害でも、火災保険の設定しだいで受けることができる補償が異なります。

特に、「水災補償」は補償の対象になっていない方が多いので確認しましょう。

保険の対象には、「家財」が含まれているかも確認が必要です。

台風の補償を考えるだけでも、難しいのが火災保険です。保険のプロに相談しながら、無駄や漏れが無いように保険を見直すことを強くおすすめします。

【住宅本舗は火災保険の複数見積りをオススメ!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイホームの購入を検討している

マイホームの物件が決まった

住宅ローンを返済している

借り換え金利ランキングNo.1