住宅ローンのダブルローン(二重借り入れ)とは!?

住宅ローンを2つ組む事を、ダブルローンと言います。ほとんどの場合、このダブルローンは住宅を買い替える際に組まれます。
しかし住宅ローンを2つ組むという事になるため、そこには条件や注意点が出てきますので、それらをご紹介していきます。

住宅ローンの基礎知識

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報をお届けしています。また住宅ローンの一括仮審査申し込み・火災保険の見積もりサービスもございますので、ぜひご利用ください!

住宅ローンのダブルローン(二重借り入れ)は可能!

住宅ローンを組んで購入した住居を売却して、新しい住居を購入する場合、住んでいた住居がローンの残債よりも高ければ問題はないのですが、そういったケースはほとんどありません。しかもローンの残債があると、抵当権を消す事が出来ないため、住居を売却する事が出来ないのです。

そんな時に、ダブルローンといった方法を活用する事が出来ます。
この方法は、残っている住宅のローンをそのまま残した状態のまま、新しいローンを組むといった仕組みになっています。借り入れするにはそれに見合った年収が必要となるのですが、売りと買いのタイミングを合わせる必要がないため、自分の都合で進める事が可能となります。しかし2つのローンを契約する事となるので、信用されないと金融機関に貸してもらえない可能性もありますので注意が必要です。

住宅ローンのダブルローン(二重借り入れ)をする際の条件

住宅ローンの中でもダブルローンの審査の基準は、今住んでいる住宅ローンの支払っている額によって決まってきます。

例えば今支払っている毎月のローンが月10万円だとすると、それに新しく借り入れを行う際の住宅ローンの支払い額を足すという事になります。
新しく借り入れを行う場合のローンの金利を4%として、毎月の返済額を15万円とすると、合計で毎月返済する金額が25万円となります。それを年間にすると、300万円となります。そのため年間の返済額が、年収の35%であればダブルローンを組む事が出来るといった条件をクリアする事が出来るのです。金融機関によっては、条件が少し異なってくるかもしれませんがベースとなる考えはどこも同じとなっています。

住宅ローンのダブルローン(二重借り入れ)をする際の注意点

ダブルローンを組む際に注意しなければいけない事が、いくつかあります。
売却を考えている方のローンと新しい方のローンの2つの住宅ローンを支払う事となりますので、住居にかかってくる費用は今まで支払っていた費用の約2倍になります。
ダブルローンを組むと、売却予定の住居が売れるまでその費用は払い続けないといけない事となりますので、その住宅ローンを支払っていくのが困難になり安くても早く売れる方が良いといった気持ちになり安値で売却をしてしまう事となるのです。

また売却を考えているのがマンションの場合は、値引きが当然といった流れになる傾向にありますので、希望している価格で売却が出来る事はほとんどありません。そのため住宅ローンを完全に返す事が出来ないといった事も考えられますので注意が必要となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイホームの購入を検討している

マイホームの物件が決まった

住宅ローンを返済している

70金融機関住宅ローンの比較チェックが可能に!