専業主婦でも借りられるおすすめのカードローン比較ランキング!家族に内緒でお金を借りることはできる?

誰でも気軽にお金を借りられるイメージがあるカードローン。ただ、実際には「安定した収入を得ていること」などの条件があるため、収入がない専業主婦では借入できないケースも少なくありません。

「どのカードローンなら専業主婦でも借りられるの?」と疑問を感じている方も多いのではないでしょうか。

本記事では収入ゼロの専業主婦が消費者金融で借りられない理由や専業主婦でも借りられるおすすめのカードローンについてご紹介します。専業主婦がお金を借りるときに知っておきたい注意点も解説するので、気になる主婦の方はぜひ読み進めてみてください。

目次

専業主婦がカードローンでお金を借りることは可能!その方法とは?

一般的に、消費者金融で収入のない専業主婦が融資を受けることはできません。どの消費者金融でも、「安定した収入があること」という文言が申し込み条件に含まれているためです。

キャッシングローンの場合、満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方であれば、お申込みいただけます。
引用元:アイフル|誰でも申込みはできますか?

これは、消費者金融が守るべき法律である貸金業法で定められた「総量規制」というルールに関係しています。

貸金業法では、貸金業者が利用者に融資できる金額が「年収の3分の1まで」と定められています。年収が0円の3分の1は0円であるため、大多数の消費者金融は専業主婦に融資することができません。
とはいえ、絶対に専業主婦が借りられないというわけでなく、申し込める金融機関や貸金業者はいくつかあります。

ここでは専業主婦でも申し込めるカードローンの提供元として、以下の2つをご紹介します。

・「配偶者貸付」を利用できる消費者金融カードローン
・ 銀行カードローン

「配偶者貸付」を利用できる消費者金融カードローンなら専業主婦でも借りることは可能

前述の通り、消費者金融は貸金業法に定められた「総量規制」というルールを守る必要があり、利用者の年収3分の1を超える融資をすることができません。年収0円の専業主婦では融資を受けられない仕組みです。

一方、「配偶者貸付」を行っている消費者金融であれば、例外的に専業主婦でも融資を受けられる可能性があります。

配偶者貸付とは、申し込んだ本人と配偶者の年収合計の3分の1までの融資が認められる制度です。専業主婦の年収が0円でも配偶者の年収が600万円なら上限200万円までローンを組める可能性があります。

配偶者貸付に対応した消費者金融はごく少数ですが、例えば「ベルーナノーティス」で採用されています。

ベルーナノーティスを含む貸金業者からのお借入れの場合、貸金業法の総量規制が適用されるため、お借入上限額はご本人様の年収の3分の1までとなります。しかし、配偶者貸付は総量規制の例外貸付として認められているため、ご収入が少ない方や専業主婦の方でもお借入れが可能となります。(審査の結果、ご希望に添えない場合もございます。)ご契約にあたりましては配偶者様のご同意が必要です。
引用元:ベルーナノーティス|配偶者貸付とは

年収がない専業主婦の方は、ベルーナノーティスなど配偶者貸付に対応した消費者金融が選択肢になるでしょう。

銀行カードローンは総量規制の対象外なので専業主婦でも申し込める

専業主婦がカードローンを利用したいなら、銀行カードローンが選択肢になります。

配偶者貸付を採用していない消費者金融が専業主婦に融資できない理由は、貸金業法の「総量規制」です。

銀行は貸金業者ではなく貸金業法の対象外なので、総量規制の影響を受けません。総量規制の「融資額は年収3分の1まで」という制限がないため、専業主婦でも理論上は融資を受けることは可能です。

実際、銀行カードローンの申し込み条件を見てみると、「収入の安定性」に関する必須条件の記載がないパターンがあります。

お申込条件
・セブン銀行口座をお持ちのお客さま(個人)
・審査結果のご回答は最短翌日~3営業日程度かかります。
・契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満のお客さま
・一定の審査基準を満たし、当社指定の保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられるお客さま
・外国籍の方は永住者であること

引用元:セブン銀行カードローン|カードローン申込方法・審査の流れ・必要書類

専業主婦の方が配偶者に相談しないでカードローンに申し込みたい場合、銀行カードローンが選択肢になるでしょう。ただし、全ての銀行カードローンに申し込めるわけではないこと、審査結果によっては審査落ちになる可能性がある点に注意が必要です。

専業主婦でも借りられるおすすめの銀行・消費者金融カードローン

前章で解説したとおり、多くの消費者金融では申し込み条件に「安定した収入」が含まれているため、専業主婦は融資を受けることができません。

一方「配偶者貸付がある消費者金融」と「銀行カードローン」であれば、収入がない専業主婦でも融資を受けられる可能性があります。

ここでは、数あるなかでも専業主婦におすすめできる銀行カードローンと、配偶者貸付制度がある消費者金融として「ベルーナノーティス」をご紹介します。

楽天銀行スーパーローンは審査優遇が明言された数少ないカードローン

楽天銀行スーパーローンは、楽天ユーザーに対して審査優遇が明言されているという珍しい特徴があります。

楽天会員ランクに応じた審査優遇(一部例外あり)や条件達成で最大31,000円分もらえる特典もございます。引用元:楽天銀行スーパーローン

専業主婦の方は収入がないので正社員やパート主婦と比較して審査が厳しいことが一般的ですが、楽天銀行スーパーローンなら楽天の利用状況によっては審査通過できる可能性がアップするでしょう。

ローソンATM、イーネットATM、セブン銀行ATMなら深夜の一部時間を除き無料で借入・返済できるという点も消費者金融にはないメリットです。手数料負担がないので、効率的に返済できます。

融資までのスピード数日
※カード発行の場合
金利(実質年率)1.9%~14.5%
利用限度額10万円~800万円
無利息期間なし

イオン銀行カードローンは配偶者に収入があれば融資してもらえる可能性がある

イオン銀行カードローンは3.8~13.8%という金利の低さが魅力であり、他社と比較しても利息負担を抑えやすい点がメリットです。

パートやアルバイトをしていない主婦の方でも、配偶者貸付の仕組みを利用することで借入できる可能性があります。

ご本人さまに収入のない場合は、配偶者さまに安定かつ継続した収入が必要となります。
※ 専業主婦(夫)の方でご本人さまに収入がなく、配偶者さまに収入がある方のお申込みは限度額50万円までとなります。
引用元:イオン銀行カードローン|留意事項

保証会社としてイオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)があるため、連帯保証人の心配なく申し込める点も魅力です。

融資までのスピード5日程度
※カード受け取りの場合
金利(実質年率)3.8%~13.8%
利用限度額10万円~800万円
無利息期間なし

SBI新生銀行カードローンは24時間365日いつでも借入できる

SBI新生銀行も配偶者貸付を採用しており、専業主婦でも配偶者の年収に見合う金額の融資を受けることが可能です。

インターネットバンキングのパワーダイレクトでの申し込みが便利で、24時間365日いつでも借り入れできるようになります。総合口座「パワーフレックス」に24時間いつでも借入金を振り込んでもらえるため、急ぎのときでもすぐに融資を受けられます。

条件達成でVポイント最大2,000ポイントプレゼントなどのVポイントプログラムを提供しているのも魅力です。初めてのご契約で1,000ポイント、収入証明書提出とお借り入れで1,000ポイントと手続きを進めるごとにどんどんポイントが貯まります。※要エントリー

キャンペーンとして「初回借入日の翌日から30日間利息0円」のサービスもあるので、繰り上げ返済することで利息負担なしでの借入も可能です。

融資までのスピード契約手続き後、最短翌日のご融資(お振り込み)も可能
金利(実質年率)4.5%~14.8%
利用限度額1万円~500万円
無利息期間初回借入日の翌日から30日間利息0円
※期間限定のキャンペーン

セブン銀行カードローンは原則として電話連絡による在籍確認が不要

セブン銀行カードローンでは公式で、原則として電話連絡の在籍確認なしということが明記されています。

Q.ローンサービスの審査にあたって、登録の電話や勤務先に電話連絡はありますか。
A.原則としてご連絡することはありませんが、場合によってはご連絡することがあります。

引用元:セブン銀行|ローンサービス

専業主婦の場合は在籍確認の電話は自宅にかかってくることになりますが、セブン銀行カードローンなら原則として電話がないので、家族バレの可能性が低くなります。

また、「Myセブン銀行アプリ」を利用することで、キャッシュカード到着前からセブン銀行ATMでの借入が可能です。最短翌日の融資にも対応していることから「急いで借りたい」という方のニーズにも対応できています。

融資までのスピード最短翌日~3営業日程度
金利(実質年率)12.0%~15.0%
利用限度額10万円~300万円
無利息期間なし

PayPay銀行カードローンは最大30日の無利息期間が適用される

PayPay銀行カードローンは消費者金融のような無利息期間のサービスがある点がメリットです。銀行で無利息期間を採用しているのは珍しく、専業主婦でも利息負担などで完済できる可能性があります。

配偶者に安定した収入があれば専業主婦が自分名義で契約する配偶者貸付の仕組みもあります。

キャッシュレス決済アプリのPayPayを利用して借りることができるので、家族バレの可能性も最小限にできます。
申し込み手続きは最短3分で完了するので、家事の合間のちょっとした時間に手続きを進めることも可能です。

融資までのスピード本審査結果は最短翌日に届く
金利(実質年率)1.59%~18.0%
利用限度額1,000万円
無利息期間初回借入日から30日

ベルーナノーティスは配偶者貸付の制度によって専業主婦でも借入できる消費者金融カードローン

ベルーナノーティスは女性向けのさまざまなサービスが提供されており、その中の1つに「配偶者貸付」があります。パートやアルバイトをしていない専業主婦の方でも、配偶者の年収3分の1までは融資を受けられる可能性があります。

また、ベルーナノーティスでは女性専用ダイヤルを設置している点も魅力です。原則として女性オペレーターが対応してくれるので、男性にお金の相談をすることに不安がある方でも安心して申し込めるでしょう。

無利息期間は14日間と決して長くありませんが、条件を満たせば再利用できるという他社にはないメリットもあります。

融資までのスピード最短24時間以内
金利(実質年率)4.5%~18.0%
利用限度額300万円まで
無利息期間初回借入日の翌日から14日
※条件を満たせば再利用可能

安定した収入を得ている主婦の方におすすめの消費者金融カードローン

前章で紹介したベルーナノーティスや銀行カードローンは、専業主婦でも借入できる可能性がありますが、選択肢がどうしても狭くなります。

可能な限り多くの消費者金融や銀行カードローンから比較検討して申し込む1社を絞り込みたい場合、パート社員として働き始めることをおすすめします。
パート社員として数ヶ月~半年くらい安定した収入があれば、大手消費者金融に申し込んで融資を受けられる可能性もあるでしょう。

ここでは専業主婦からパート主婦になった方に向けておすすめしたい大手消費者金融として、以下の5社をご紹介します。

アイフルは最短18分融資を実現しているので急いでいる人でも借りやすい

アイフルは他の大手消費者金融と違って大手銀行グループの傘下ではなく、独自経営ができます。

例えば最短融資までの18分という時間設定は、アコムやレイク、SMBCモビットなど大手銀行傘下の消費者金融よりもスピーディな設定です。女性向けのカードローン「SuLaLi」や銀行カードローンもまとめられる「おまとめMAX・かりかえMAX」など独自のサービスもあります。

また、返済のサイクルも「約定日制」「35日制」から選択できるなど、返済の自由度も高いです。

上記のような点に魅力を感じる方はアイフルをおすすめします。

融資までのスピード最短18分
金利(実質年率)3.0%~18.0%
利用限度額1,000円~800万円
※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります
※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が

100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です
無利息期間初回契約日の翌日から最大30日
※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

プロミスは最短3分融資が可能なスピード審査と上限金利の低さが魅力

プロミスの大きな魅力の1つは、申し込みから融資までのスピードです。ほかの大手消費者金融が最短18~25分程度かかるところ、プロミスでは最短3分で融資を受けられます。

申込者の返済能力次第では30分~1時間以上の時間がかかることもありますが、数値上で圧倒的に審査時間が短いのは安心感があります。急いでお金を借りたい方はプロミスを候補にすると良いでしょう。

加えて、プロミスは上限金利も他社より若干ながら低いです。アコムやアイフルなど他の大手消費者金融の上限金利が18.0%のところ、プロミスは17.8%に設定されています。返済期間が長くなるほど、借入金額が多くなるほど、プロミスの利息負担が小さくなっていきます。

融資までのスピード最短3分融資
金利(実質年率)4.5%~17.8%
利用限度額500万円まで
無利息期間初回お借入の翌日から30日間
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムはカードローン機能付きのクレジットカードを最短即日で入手できる

専業主婦の方のなかで、楽天銀行に口座を持っているならアコムがおすすめです。アコムは楽天銀行への振込が非常にスピーディであり、24時間いつでも最短10秒で振り込みが完了します。楽天銀行はネット銀行で現物の通帳がないので、家族に利用明細を見られる心配もありません。

また、クレジットカードを持ちたい方もアコムが良いでしょう。アコムのカードローン機能付クレジットカードである「ACマスターカード」は、自動契約機での受け取りを選択すれば最短即日で利用することができます。

融資までの時間も最短20分とスピーディであるため、急いでお金を借りたい主婦の方にも向いています。

融資までのスピード最短20分
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
金利(実質年率)3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
無利息期間初回契約の翌日から最大30日間
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

SMBCモビットは原則として会社への電話連絡による在籍確認がない

自分が働いている会社に在籍確認の電話連絡がくることに不安があるなら、SMBCモビットという選択肢もあります。SMBCモビットでは原則として会社への電話連絡による在籍確認を行いません。

例外的に電話連絡が行われる場合でも個人名でかかってくるため、電話そのものが原因で周囲にカードローンの利用がバレる心配もほぼありません。プライバシーに配慮されているので、安心して申し込むことができます。

また、SMBCモビットでは返済の利息に応じてVポイントが貯まるというメリットもあります。返済とポイ活を同時に進められるので、普段からVポイントを利用している方はおすすめです。

融資までのスピード最短即日
金利(実質年率)3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
※借入限度額は審査によって決定いたします
無利息期間なし
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

レイクは最長180日間の無利息期間がおすすめ

主婦の方のなかには、「女子会のお金が少しだけ足りない……」という理由で消費者金融への申し込みを検討している方も多いのではないでしょうか。

5万円以下の少額の借入を希望している方はレイクがおすすめです。レイクでは初回契約の翌日から180日間の無利息があるため、うまく返済すれば全く利息負担なく完済することもできます。

ほかにも「Web限定で60日間無利息」も選択できるので、5万円以上を借りる場合でも利息負担を0円にできる可能性があります。

レイクの返済シミュレーションではどちらの無利息期間がお得かシミュレーションできるので、お得な方を確認したあとで申し込みましょう。

融資までのスピード最短25分
金利(実質年率)4.5%~18.0%
利用限度額1万円~500万円
無利息期間・5万円まで契約日の翌日から最大180日間
・契約日の翌日から最大60日間(Web)
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。

専業主婦でも借りられる審査が甘いカードローンはある?

ここまでの解説で専業主婦でも借りられるカードローンがあることは分かりました。次に気になるのは、カードローン審査の難易度ではないでしょうか?

何とかして早くお金を借りたい方のなかには「審査が甘いカードローンはない?」と気になってしまう方もいるでしょう。

実際に、専業主婦でも借りやすい「審査が甘いカードローン」は存在するのでしょうか?

【結論】審査が甘い・審査がない消費者金融は存在しない

結論からいってしまうと、「審査が甘い」「専業主婦でも借りられる」と断言できるカードローンはありません。

理由は、消費者金融でも銀行でも、カードローンの審査基準が公表されていないためです。公表されていないものを「甘い」「厳しい」と評価することはできないでしょう。

また、審査を甘くできない理由として、銀行も消費者金融も、営利を目的として融資活動を行っていることが挙げられます。もし審査を甘くしてしまうと、お金に困った人が大量に応募してくるはずです。返済能力をほとんど審査しないままでは返済できない人に融資する可能性が高く、そうなると元金と利息を回収できずに赤字になる可能性があります。

上記のような理由から専業主婦に関係なく、審査が甘いカードローンはないと断言できます。

審査なしで借入できるのは闇金!絶対に利用してはいけません

前述した通り、消費者金融でも銀行でも、カードローン会社は貸金業法や銀行法に基づいた審査を実施したうえで、条件を満たした方にのみ融資をしています。

「絶対に借りられる」
「ブラックでも即日融資」
といった表記がある場合、違法業者(闇金)である可能性が高いです。


闇金を一度でも利用すると法外な利息を請求されたり、夜間に暴力的な取り立てを受けたりする可能性があります。

配偶者の会社に取り立てにいく可能性もあり、家庭崩壊の原因にもなりかねません。急いでお金がほしいときほど甘い言葉に誘惑されがちですが、非正規業者は絶対に利用しないようにしましょう。

収入無しの専業主婦がカードローンでお金を借りるときの注意点

ここでは、専業主婦がお金を借りるときに気をつけたいポイントを紹介します。

銀行カードローンは大半が即日融資に対応していない

本記事の冒頭で、「銀行カードローンは貸金業法の対象外だから、専業主婦でも借りられる可能性がある」と解説しました。

ただし、ほとんどの銀行カードローンでは最短即日の融資に対応していません。2018年から銀行ではローン申込者の情報を信用情報機関にアクセスして問い合わせる必要があり、その手続きに最低でも1営業日以上がかかるとされています。

急ぎでお金を借りたい方はベルーナノーティスのような配偶者貸付制度のあるカードローンか、カードローン以外の金融サービスの利用を検討しましょう。

例えば質屋はブランド品や貴重品を担保にすることで融資を受けることができます。申込者本人の返済能力は調査されないので、専業主婦でも融資を受けられます。

配偶者貸付の仕組みがない消費者金融では専業主婦は借りられない

専業主婦が借りられる消費者金融カードローンは、ベルーナノーティスのような「配偶者貸付」の仕組みがあるカードローンのみです。

ほとんどの消費者金融では配偶者貸付の仕組みがなく、収入がない専業主婦では融資を受けることができません。

プロミスやアイフルをはじめとした大手消費者金融などに申し込みたいなら、数ヶ月くらいはパート社員やアルバイトとして働いて安定した収入を確保しましょう。

専業主婦の在籍確認は自宅やスマートフォンにかかってくることが多い

カードローンに申し込んだ場合、申告した仕事内容に間違いないかを確認する「在籍確認」が必ず行われます。

「原則として電話連絡なし」を表明している一部の消費者金融を除き、会社への電話連絡による在籍確認が基本です。

専業主婦は仕事をしていないので、自宅や個人のスマートフォンにかかってくることになります。普段から自分で電話を取っている方であれば、周囲バレの心配は少ないでしょう。

申し込んでから即日~数日のあいだに電話がくるため、可能な限り自宅で待機しておくと良いでしょう。

ただし、配偶者貸付を利用した場合は配偶者の会社に電話がかかってくることがあります。個人名で電話がかかるので会社の同僚にカードローンのことがバレる心配はほぼありませんが、事前に配偶者に電話がくる可能性について説明はしておきましょう。

利用明細でバレないためには「Web明細」を利用する

家族に内緒でカードローンを利用したい専業主婦の方は、WEBの利用明細を利用することを心がけましょう。

紙の利用明細は自宅に郵送されるため、家族にみられてカードローンの利用がバレるリスクがあります。一方、Web明細を選択していた場合は自宅への郵送はされず、会員ページやアプリで利用明細を確認できるようになります。

家族に内緒でカードローンを利用するなら、申し込みから契約までにWeb明細を選択しておきましょう。

専業主婦が配偶者に秘密でお金を借りることはできる?

最後に、専業主婦が配偶者に秘密でお金を借りられるのかについて解説します。

「配偶者貸付」を利用する場合は配偶者に秘密で借りることはできない

専業主婦の方が配偶者に秘密でカードローンを借りるなら、配偶者の力を借りずに自分だけで融資を受ける必要があります。

配偶者貸付を利用する場合は、配偶者の同意を得なければいけません。「配偶者に内緒で、配偶者の年収3分の1まで借りよう」ということはできないので注意が必要です。

Web完結でも返済を遅らせると郵送物で配偶者にバレる場合がある

カードローンの契約をWeb完結にすることで自宅にローンカードや利用明細、契約書といった郵送物が送付されなくなり、家族バレの可能性を引き下げることができます。

ただし、返済を遅らせた場合は話が別です。

返済を遅らせると最初はスマートフォンにメールやショートメッセージで確認の連絡が入りますが、それでも返済がない場合は自宅に「督促状」が届くことになります。

督促状はWeb完結でも関係なく自宅に郵送されるので、配偶者にカードローンを利用していたことと返済できていないことがバレてしまう可能性が高いです。


家族にバレずに利用するなら、返済が遅れることがないようにしましょう。

ローンカードは見られないようにWeb完結で借りるのがおすすめ

カードローンの利用が家族にバレる可能性が高いのは、ローンカードを見られたときです。

ローンカードは自宅への郵送や自動契約機での受け取りで入手できますが、郵送で受け取ると家族の目に入る可能性があります。

またコンビニなどでお金を借りるために財布からカードを出したときや、通常の買い物で財布を開いたときに家族にローンカードを見られる可能性もあります。

家族バレを防ぐならローンカードを発行せず、振込やスマホATMといったローンカードなどで借りられるサービスを利用しましょう。

まとめ

消費者金融は「総量規制」というルールを守る義務があり、年収3分の1までしか借りることができません。つまり、年収0円の専業主婦は消費者金融から借りられないということです。

ただ。配偶者貸付のしくみがある消費者金融や銀行カードローンなら専業主婦でも借入できる可能性があります。パートを始めて安定収入を得れば申し込み先の選択肢が増えますが、すぐに収入が得られない場合は銀行カードローンやベルーナノーティスを検討してみると良いでしょう。

  • ローンサーチ本舗厳選!おすすめのランキングを掲載
  • 利用者の口コミ、アンケート結果を発表!

※掲載商品、金利情報等は各金融機関ホームページの掲載情報をもとに作成しております。詳細は各金融機関のホームページからご確認をお願いいたします。
※各金融機関の商品改定やキャンペーンの実施、金利更新のタイミング等により、本ページに掲載された金利情報が最新でない場合があります。
※当社は、本ページにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性、その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
※当社は本ページにて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各金融機関のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。
※マネーライフ本舗ではアフィリエイトプログラムを利用しアコム社、他から委託を受け広告収益を得て運営しております。
※利用者と各金融機関等との契約の成否、内容、履行または紛争等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次