火災保険の補償内容はどこまで?補償一覧と内容比較!

火災保険の補償にはどんなものがあるかご存知ですか?火災保険の補償にはどんなものがあるかご存知ですか?実は火災だけでなく、生活に関するさまざまな損害に備えることができます。我々の生活のどのようなリスクを火災保険で補償できるのかを見ていきましょう。

住宅ローンと火災保険

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

gus-ruballo-h5QNclJUiA8-unsplash

火災保険の補償にはどんなものがあるかご存知ですか?

実は火災保険で補償できる損害は、火災だけではありません。生活に関するさまざまな損害に備えることができます。

保険をかけるのであれば、その保険がどんなことに備えた保険であるのかは理解しておきたいものです。

ここでは、我々の生活のどのようなリスクを火災保険で補償できるのかを見ていきましょう。

火災保険の補償内容

火災保険の補償範囲は、火災などの基本補償に加え、オプションとして付け外し可能な補償範囲で構成されています。一般的に火災保険にはこのような補償内容があります。

基本
補償
火災 火災の損害を補償。もらい火や放火も補償範囲。
落雷 落雷による損害を補償。
破裂・爆発 ガス漏れなどによる破裂・爆発を補償。
風災・雹災・雪災 風災は台風や暴風などによる風での損害を補償。
雪災は豪雪や雪崩などの損害を補償。
カスタム
補償
水災 台風や豪雨による洪水などの水災を補償。
盗難での盗取・損傷 盗難による、盗取や損傷を補償。
漏水による水濡れ 排水や他の家から生じた漏水による損害を補償。
偶発的な事故による破汚損 誤って建物や家財を壊してしまったなど
偶発的な事故による損害を補償。
(破汚損があっても機能に支障がない場合は除く)
建物外部からの
物体の落下・飛来・衝突
自転車や車の衝突や
鳥などが落とした落下物での損害を補償。

(基本補償の範囲やオプション内容は保険会社によって、異なる場合があります。)

補償内容をどのように設定するべきか?

どのオプションを付け加えるべきかについては、住環境によってそれぞれ異なります。自宅の立地や設備を考慮し、自宅にどのようなリスク可能性があるかを逆算して設定することが重要です。

例えば、水災については考えると、自宅が河川の近くの場合は氾濫による水害に、山に近い場合は土砂災害に備える必要がでてきます。反対にマンションの高層階や高い地形にある建物の場合は、水災のリスクは少ないと言えるでしょう。他にも、セキュリティー設備の充実度では盗難被害を、交通の多い道に隣接する場合は建物外部からの衝突被害を考慮する必要があります。

無駄のない補償は外しながら、漏れの無い安心な補償範囲に設定することが適切です。さらには、どのオプションを付け加えるかで、どの保険会社と契約するべきか変わってきます。

この比較は非常に大変で、自宅の環境に合わせて調べるのは手間がかかるので、住宅本舗ではプロの保険代理店に相談して、比較することをおすすめしています。

 

【住宅本舗は火災保険の複数見積りをオススメ!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイホームの購入を検討している

マイホームの物件が決まった

住宅ローンを返済している

借り換え金利ランキングNo.1