女性のマンション購入(前編)

独身女性にとって、心と体をいやしてくれる住環境は大事な存在です。
そこで、シングル女性のマイホーム購入、なかでも希望者の多い「マンション」を買う際の基本的な考え方や注意点などを紹介します。

マイホーム購入の基礎知識

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

資産性もポイント

仕事は充実しているし、やりがいもある。このまま結婚せずに、独身かもしれない・・・。そんな理由から、マンション購入を検討するシングル女性が増えています。

実際、大手不動産会社の調査によると、30代の独身女性でマイホームを購入していない人のうち、約6割が今後の住宅購入に「関心がある」と答えています。私もここ数年、独身女性からの住宅相談を受ける機会が増えました。その内容は、「年金生活になったとき、家賃を払い続けることができるかしら?」「健康なうちにマンションを購入し、早めに住宅ローンを完済したい」など、将来の生活をリアルに思い描いている人が多いようです。

その意味で考えると、マンションを一旦購入すれば、ローンの完済後は住居費の負担が減りますし、資産が残る安心感もあります。また、お金以外の面でも、自立心が強くなり、仕事により専念できるといったメリットもあるかもしれません。

ただその一方、気を付けておきたい点もあります。それは、結婚などのライフスタイルの変化です。相談者の多くは、生涯独身の前提でマイホームを検討していますが、この先、人生の伴侶と出会う可能性がないとは限りません。夫と同居するとなれば、せっかく購入したマンションを手放すこともあるでしょう。そのときに売却金額よりも住宅ローンの残債のほうが大きければ、金銭的、精神的にも重荷ですし、ましてや、売りたくても買い手がいない、なんてことも考えられます。

とくに女性の場合、ビジュアルでマンションを選びがちですが、そこに「資産性」の視点を加えてみてください。たとえば、通勤に便利な駅周辺の物件や、大学に近いワンルームマンションなど、将来、売却しても資産価値の落ちにくい物件を選択肢に入れてみましょう。後悔しないマンション選びに、さらに一歩近づくことができると思います。
またマンション購入後は、固定資産税などの税金、マンションの管理費といった維持費もかかります。リフォームへの準備も必要です。これらの費用は見逃しがちですから、しっかり覚えておいてください。

まずは借入可能額を試算

それでもマンションがほしいという人は、具体的な検討に入るわけですが、みなさんは自身の収入でどれくらいの物件を購入できるかご存じですか? 知らない人は、まず、借入可能額を試算してみましょう。

ここでは35歳会社員のA子さんを例に紹介します。A子さんの年収は380万円。頭金300万円を準備し、60歳完済の25年ローンを組む予定です。ここから借入可能額をはじき出すわけですが、そこで、キーワードになるのが、年収に一定割合を掛けて算出する「返済比率」と呼ばれるものです。

返済比率は、一般に年収が400万円未満の場合はその30%、400万円以上なら35%となっており、掛け算して出た金額が1年間に返済できる上限額となります。これで計算すると、A子さんは年間114万円がリミットです。

でもここで勘違いしないでいただきたいのは、実際に借りられる金額が「114万円×25年=2,850万円」にはならないという点。大手銀行などでは、4%程度の金利で借りた場合の返済額で借入可能額を計算するため(全期間固定金利や「フラット35」の場合は、実際の金利で計算)、A子さんのケースですと、借入可能額は1,799万円になります。

自己資金として300万円を準備するので、予算は2,099万円。新築マンションの場合は物件価格の5%を諸費用として見積もっておきたいので、約2千万円が購入できる物件の上限価格となります。

●参考記事:
「女性のマンション購入(後編)」へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加