住宅ローンと家賃について!~家賃を基準にして考えるのはあり?~

よく広告などで月々の返済額○円!という見出しが目に入ります。それを見ると今払っている家賃と同じぐらいだし、月々の返済も無理がなさそうに見えます。
何より自分のものになるマイホームに払った方が得だという気分になりますが、実際は家賃の額を住宅ローンの返済額と同等に考えても大丈夫なのでしょうか。

マイホーム購入の基礎知識

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

家賃と同じなら買ったほうが得は間違い!その他にもかかる費用も!

家賃と同額だからと同額の住宅ローンを組むことは危険です。住宅ローン以外にも購入した場合は様々な費用がかかってくるのです。賃貸ではかからない固定資産税が毎年かかりますし、マンションの場合は修繕費や管理費がかかります。一戸建ての場合も自身で修繕の費用などストックしておかねばなりません。

また、月々○円の返済!といううたい文句は大抵35年の長期返済、金利も変動や優遇措置が取られた最低の金利で設定されています。返済期間が長ければ長いほど月々の返済額は下がりますし、返済額があたかも低いように見せることができます。変動金利であれば将来金利が上がったときに返済額が増えるリスクがありますが、その辺りは組み込まれていません。

あなたが向いているのは賃貸とマイホームのどっち?

住宅ローンを組んでしまうと引っ越しすることが難しくなります。転勤がある場合は賃貸でその都度状況に合わせて住まいを変えるほうが融通が利きます。住んでいる家を売り払ったり、または貸し出したり、単身赴任になったりと様々なリスクが想像できます。

実は賃貸と持ち家を50年間で考えたときに払う額は総額的にはそれほど違いがありません。賃貸は老後に安定して住める場所が確保できるかが課題となりますが、融通が利く暮らしを求めるのであれば賃貸、安定した住まいの確保と資産をもつということに重きをおくのであればマイホームを購入した方が良いでしょう。老後に備えて資金を貯めて、流動性があるうちは賃貸、退職後にマイホームを購入するといった手段もあります。

◆参考記事:100人へのアンケート調査
持ち家 VS 賃貸!!

まずは現状家賃が正しいのかの判断。その上で住宅ローンを!

住宅ローンでマイホームを買うのと賃貸で比べるのを比べるときにまず考えなければならないのは、その家賃が本当に妥当かという事です。周辺と比べて新築入居のために家賃が高く設定されていたり、反対に今後5年、10年と経って下がっていく場合もあります。住宅ローンを組む場合と見比べて妥当な金額かどうか見極める必要があります。

また、将来的なことを考える必要もあります。将来的に便利な施設が整う予定がある場所などは賃貸の場合も金額は上がってきますし、マイホームを持っていれば資産的な価値は高まります。反対に不便な場所であれば資産価値としては将来下がっていくことを考えねばなりません。家賃にはその土地の将来性や利便性も含まれています。そのうえでローンを組む場合と見比べなければなりません。

◆参考記事:100人へのアンケート調査
住宅ローンの月々の返済額は、どれくらいまでがベスト?
持ち家ゲットの反動?住宅ローン貧乏!実行してる節約術教えて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加