住宅ローン新規借り入れまでの流れ

家を購入するまでの大まかな流れと、それぞれの段階でチェックしておきたいポイントをまとめました。

住宅ローン審査の流れ・仕組み

丸尾 健

丸尾 健 株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティング 代表執行役

大学卒業後、建築関連の仕事を経て大手商社系の中高級住宅を扱うハウスメーカーに入社。在籍期間9年のうち5年は店長職を兼務。MVP賞3回。その後、大手金融機関のファイナンシャル・プランニング部門に転職。FP先進国の米国のファイナンシャルプランニングメソッドトレーニングを受講。2009年9月に独立して、株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティングを設立。FP経験現在9年目。新規年間相談件数120件前後、面談累計件数1,000件以上。主に個別面談を中心に活動している、実務家FP。ライフプラン全体を通してのマネープランの作成、資産形成アドバイスに提案に定評がある。
【得意分野】ライフプラン・不動産購入・住宅ローン・資産形成・保険・相続相談

提携ローンの手続きと平行して、それ以外の住宅ローンもチェック

ネット銀行は融資実行までに比較的時間がかかる場合が多く、1∼2ヶ月かかるケースもあります。ただし、物件の引渡しまでにまだ時間がある場合、仮にすでに提携ローンに申し込み、審査が通っていたとしても、平行して他の銀行の申込むことも可能です。物件引渡しまでに住宅ローンを比較し、最終的に有利な金融機関で融資実行することをおすすめします。

融資実行までの流れは以下の通りです。

1.売買契約を結ぶ前に、金融機関に仮審査を行い事前承認を得る
2.正式申込書の提出
3.正式融資承認(本承認)
4.金銭消費貸借契約
5.融資実行

売買契約を結ぶ前に、金融機関に仮審査を行い事前承認を得る

一般的な売買契約では買主の利用する住宅ローンが否認された場合、その契約を解除できる特約を設けて契約を行いますが、契約を解除することは避けたいものです。そのために行なうのが仮審査で、金融機関によりますが、2∼3日程度でお客様に審査の結果が通知されます。

正式申込書の提出

審査に必要な書類を集めて金融機関に郵送します。売買契約も終わり、住宅ローンの 申込に必要な書類の準備が整ったら、金融機関の窓口へ申込書類一式を持参もしくは郵送し、ローン申し込み手続きを行います。

正式融資承認(本承認)

融資決定通知書がお客様に届きます。 融資を行う上での諸条件も一緒に明記されていますので、それら条件の内容を確認した上、条件をクリアーすることが出来るか否かの確認も行います。

金銭消費貸借契約

金融機関とお金の貸し借りの契約を取り交わします。最終的にどのような住宅ローン(商品)を利用するのかを決めることになるとともに、実際に借入する際の適用金利なども確定します。連帯保証人や担保提供者の同席が必要な場合があります。

融資実行

借入金がお客様の口座に振り込まれ、即時に不動産の売主口座に振り込まれます。

◆参考記事
住宅ローンの融資実行までの流れと期間・手数料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅・ハウスメーカー・工務店への一括資料請求サービス

一度の情報入力で、複数のハウスメーカーや工務店の最新注文住宅カタログを入手!
登録は最短2分程度のため、これから注文住宅を検討されている方に人気のサービスとなっております。