フラット35

フラット35とは、住宅金融支援機構が民間金融機関と共同で販売している長期固定金利の住宅ローンのことで、住宅金融支援機構と提携している銀行や住宅ローン専業会社などの金融機関で借入れることができます。最大の特徴は、最長で35年間の住宅ローンを固定金利で借り入れできる点にあります。<

フラット35審査基準

丸尾 健

丸尾 健 株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティング 代表執行役

大学卒業後、建築関連の仕事を経て大手商社系の中高級住宅を扱うハウスメーカーに入社。在籍期間9年のうち5年は店長職を兼務。MVP賞3回。その後、大手金融機関のファイナンシャル・プランニング部門に転職。FP先進国の米国のファイナンシャルプランニングメソッドトレーニングを受講。2009年9月に独立して、株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティングを設立。FP経験現在9年目。新規年間相談件数120件前後、面談累計件数1,000件以上。主に個別面談を中心に活動している、実務家FP。ライフプラン全体を通してのマネープランの作成、資産形成アドバイスに提案に定評がある。
【得意分野】ライフプラン・不動産購入・住宅ローン・資産形成・保険・相続相談

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

フラット35の借り入れに必要な費用

フラット35では、団体信用生命保険(以下、団信)に加入する費用が別料金となっています。また、保証料は不要ですが、別途融資手数料が必要になります。フラット35を申し込む際には、これらの諸費用をトータルで考えて、民間金融機関の住宅ローンと比較する必要があるのです。

団信には、一般的な生命保険だけではなく、3大疾病保障型や7大・8大疾病保障型もあります。保障が多ければ安心ですが、その分だけ保険料が高くなるのが一般的です。保障内容と費用のバランスを十分に考えるようにしましょう。

フラット35S

フラット35Sとは、フラット35の住宅ローンに申し込みをした契約者が、省エネルギー性で耐震性に優れた住宅を購入する場合に、住宅ローンの金利を一定期間のみ引き下げるという基準が規定されている制度のことです。

フラット35Sには、AプランとBプランがあります。AプランとBプランでは、引き下げ期間に違いがあり、総支払額にも差が出てきます。

Aプラン

フラット35の金利より、当初10年間のみ年0.3%の金利引き下げ幅が適用されます。

Bプラン

フラット35の金利より、当初5年間のみ年0.3%の金利引き下げ幅が適用されます。フラット35Sを利用することで、フラット35よりも数十万円も安くなることがあります。フラット35Sに申し込めるのは、一定の技術基準を満たした住宅を購入する方です。フラット35を検討している方は、購入予定の住宅がフラット35Sを借り入れるための技術基準を満たしているかもチェックしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅・ハウスメーカー・工務店への一括資料請求サービス

一度の情報入力で、複数のハウスメーカーや工務店の最新注文住宅カタログを入手!
登録は最短2分程度のため、これから注文住宅を検討されている方に人気のサービスとなっております。