住宅ローンの頭金なしはどうなの?

昔は住宅ローンを組む際には頭金が必ず必要と言われていましたが、近年は頭金なしでも住宅ローンが組める時代になっています。
しかし、利用にあたっては様々なメリットやデメリットが存在していますので、それらを把握してから利用していきましょう。

住宅ローン審査の基準

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

住宅ローンの頭金なしの場合のデメリット・リスクについて

住宅ローンを頭金なしで利用した場合は、利息負担が大きくなる事や月々の返済額が大きくなる事がデメリットになります。その為、支払い期間が長引く事が多い点や住宅ローンの審査が比較的厳しくなる点もデメリットに挙げられます。

頭金なしの場合は、利息を含めた返済総額の差額が頭金を準備した場合と比較して数百万円にもなる事があります。また、将来的に住宅を売却する際に住宅ローンの残債額以上で売却できない場合は、売却額を差し引いた残債分は一括返済しなければなりません。その可能性が高くなる点も、デメリットのひとつと言えるでしょう。さらに、一般的に借り入れ金額も多くなりますので、金融機関に支払う保証料や手数料が多くなる可能性が高い点もデメリットとなります。

頭金なし!住宅ローンの審査は通るのか?

頭金なしの住宅ローン審査は、頭金がある場合と比較して厳しくなります。通過するかどうかは、申込者の過去の金融機関利用情報や年収、勤務先、勤務形態などによっても違いがでてきます。

各金融機関によって基準には違いがありますので、1社で通過しなかった場合でも他社の住宅ローンであれば利用できる可能性もあります。しかし、同時に複数社申し込むと審査に影響を与えますので、結果が判明してから順次申し込みを行っていきましょう。

頭金なしで住宅を購入した場合には、より利息の安いローンへ借り換えを検討する場合に影響を与える事があります。それは、借り換えの際にローン残債が担保となる住宅の評価額より多い場合には、借り換えに応じてもらえない可能性がある点です。

頭金がない場合でも大丈夫。諸費用も住宅ローンで借りる!

住宅を購入する際には、物件代や土地代以外にも登記手数料や印紙代など様々な諸費用が必要となります。つまり、住宅を購入する為には土地・物件購入費用に諸費用を合算して準備しておく必要があります。
しかし、最近は頭金なしだけでなく、諸費用も合算して利用可能な住宅ローンが存在しています。
また、諸費用だけで諸費用ローンを利用する方法も選択可能です。

現在は、頭金や諸費用を事前に準備する事なく、マイホームを手にする人も増加しています。これらのメリットは、自分が住宅を欲しいと思ったタイミングを逃さず、住宅を購入できる点になります。また、預貯金を減らす事なくマイホームを獲得できる点もメリットのひとつに挙げられます。

◆参考記事:100人へのアンケート調査
頭金なしで住宅ローンを組むのって実際どう思う?
住宅ローンの頭金、みんなの相場はどれくらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅・ハウスメーカー・工務店への一括資料請求サービス

一度の情報入力で、複数のハウスメーカーや工務店の最新注文住宅カタログを入手!
登録は最短2分程度のため、これから注文住宅を検討されている方に人気のサービスとなっております。