外国人の住宅ローンは組めるの?どうやって?

日本国内で住宅をローンを組むのに必要なのが職歴や収入ですが、外国人の場合は可能なのでしょうか。日本に居住している外国人が、住宅ローンを組むのに大きなハードルなのが滞在許可証・ビザです。ビザには日本に滞在日数を目的別に許可されたもので、観光ビザやビジネス用のビザなどが主となっていますが、その期間を超えると不法滞在となり違法となってしまうため、住宅ローンを申請する余地もありません。

住宅ローン審査の基準

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

外国人の方も日本の住宅ローンを組める

外国人であっても住宅ローンを組むことができます。ただしかなりの制約があります。

住宅ローンを申請する民間金融機関や公的金融機関などでは職歴や安定した収入、日本語でのコミュニケーションが可能である、日本に居住してる、日本人の配偶者や日本国籍の子供がいる、永住権資格者であることなど、いくつかの条件を定めて審査をしますのでいずれ帰国するつもりだという外国人の方では難しくなります。

最も申請が通りやすいのは永住権資格を持つことです。永住権資格を持つことで社会的信用が上がる、ビザの更新手続きが不要になり不法滞在化する可能性がなくなる、在留活動が移住になるので経済活動の幅が広くなる、日本人配偶者と死別しても永住権はそのまま残る等で、住宅ローンを組みやすくなるのです。

外国人の方が住宅ローンを借りるなら「永住権」の取得を!

外国人の方で住宅ローンを組みたいなら永住権の資格を取ることがもっとも近道です。

法務省が定める対象者は、永住者の在留資格に変更を希望する外国人、または出生等により永住者の在留資格の取得を希望する外国人です。また申請日は在留期間の満了する以前の日付までで、申請中に在留期間が過ぎるときは別途滞在申請が必要となります。また出産などの場合は出産日から30日以内です。

申請は本人、または代理人や取次者に任せる方法があります。代理人や取次者が申請する場合でも、本人が日本に滞在している必要があります。さらに素行が良好であること、独立した生計を営むに足る資産または技能が有る、永住することで日本国の利益になることです。そのため、日本国内での外国人の方の生活態度も重要となります。

外国人の方が住宅ローンを組む際に配偶者が日本人の場合

外国人の方と日本人配偶者の夫婦であれば、住宅ローンを利用できます。

金融機関によって多少違ってきますが、配偶者も申立人にしたり連帯保証人にしたうえで、外国人本人の日本滞在期間(7年前後)の条件をつけて住宅ローンを組むことがほとんどです。また、本人と配偶者の収入を合算して住宅ローンを組むことも可能です。ただし、配偶者の職歴が重要になりますので、正社員以外の場合はローン申請が通らないこともよくあります。

配偶者側に返済能力がないと判断されたら、永住権申請する方法もあります。配偶者が日本人であれば永住権資格審査の基準がゆるくなっているので、一般的な外国籍の方よりも申請が通りやすくなっています。ただし、配偶者が日本人であっても審査には1年ほどかかることに注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅・ハウスメーカー・工務店への一括資料請求サービス

一度の情報入力で、複数のハウスメーカーや工務店の最新注文住宅カタログを入手!
登録は最短2分程度のため、これから注文住宅を検討されている方に人気のサービスとなっております。