【わかりやすい】住宅ローンの控除計算まとめ

住宅ローンを組むと最初の10年間は税金の控除を受けられる場合があります。
税金控除の方法は難しいのでしょうか?誰もが受けられるのでしょうか?
みなさまの住宅ローンの税金控除の疑問についてわかりやすく解説致します。

住宅ローン控除・減税の計算方法

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅ローンの控除とは

住宅ローンの控除は、「住宅借入金等特別控除」という難しい正式名がついています。
一般的には「住宅ローン控除」と呼ばれています。
住宅を購入することを奨励するために設けられた制度で、借り入れ額に応じて税金の還付や、税金の割引を受けることができるのです。対象となる人は、年収が3千万円以下の人で、10年以上のローンを抱え、購入する住宅の面積が50平方メートル以上の床面積で、中古住宅の場合は耐震性能を満たしていること、リフォームの場合はリフォーム費用が100万円以上であることなどが条件になっています。一般的な収入の人が、常識的なマイホームを取得するのであれば、おおよそ住宅ローン控除の該当となります。

わかりやすい!住宅ローン控除額の計算~年末のローンの残高に控除率を掛ける~

まず、わかりやすい住宅ローンの控除額の計算方法をご紹介しましょう。

【1】年末の住宅ローンの残高を計算します
控除期間は10年間なので、10年間の残高をエクセルなどで出しておけば良いでしょう。初年度の住宅ローン残高はすぐに調査ができるかと思います。
【2】次の年の住宅ローン残高を計算します
次の年の住宅ローン残高はその年に返済した金額の合計を前の年の残高から引き算した後、金利分を加算します。
翌々年もその繰り返しで住宅ローン開始から10年間分の年末残高を計算します。
それらの年末残高に、控除率である1%を掛けると、最大控除減税額が算出されます。

いわばこの金額が、最大で控除される金額となります。
この金額が全て控除されるわけではないので注意してください。
この計算はエクセルでもできますが、住宅ローンシミュレーションなどもあるので参考にしてください。

わかりやすい!住宅ローン控除額の計算~控除対象額から所得税・住民税を引く~

先ほど計算した【1】・【2】の住宅ローン最大控除減税額から、まず年間の所得税を引きます。
その後、年間の住民税を引くと、減税額が算出されます。
※年間の所得税と、年間の住民税は、源泉徴収表に出ていますので、それらを参照してください。

最後に一つだけ重要な計算があります。

住民税の控除額が最大で136,500円ということです。
もし、あなたの住民税が136,500円を上回っているようであれば、あなたの住民税の金額ではなく、136,500円を引いてください。
その金額が減税額となります。つまり、所得税を引いた後の住宅ローン控除対象額が136,500円よりも多い場合は控除対象額を使い切れないということなのです。対象控除額を余らせないような住宅ローンの組み方が得策と言えます。

◆参考記事
【わかりやすい】住宅ローン控除(減税)の申請手続き・必要書類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加