リバースモーゲージの活用方法

最近、ニュースなどでよく耳にする金融サービス「リバースモーゲージ」。
リバースモーゲージの活用法について解説します!

住宅ローンと老後の基礎知識

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

持ち家を担保に老後資金を受け取るローン

リバースモーゲージの取り扱いは、これまで東京スター銀行・三井住友信託銀行や一部の金融機関などに、限られていましたが、今年に入ってみずほ銀行や武蔵野銀行も取り扱いを始め、今後、需要は高まると見られています。

リバースモーゲージとは、一言でいうと「持ち家を担保に老後資金を受け取るローン」です。
つまりは、「自宅に居住しながら、その自宅を資産として現金化し、老後の生活費を補う金融サービス」なのです。

しかし、リバースモーゲージの活用方法は、生活費を補う目的だけではありません。そのほかにも、老後の生活に役立つさまざまな活用方法があるのです!

「住宅ローンの一括返済」時のリバースモーゲージ活用法とは?

具体的には、住宅ローンの一括返済、老人ホームの入居資金、住宅のリフォーム資金、海外旅行などの娯楽資金など多くの活用方法があります。

定年間近になってもまだ住宅ローンの支払いが残っている、年齢面や建物年数によって審査落ちをしているという方が多くいるかと思います。 そんな方におすすめなのが「リバースモーゲージ」です。 ここでは、リバースモーゲージを活用したお得な「住宅ローンの一括返済術」を、東京スター銀行「充実人生」を例にご紹介します。

東京スター銀行「充実人生」を用いた住宅ローン一括返済術

Aさん(融資金2,000万円の一部で住宅ローンを返済した場合 ※元利均等返済、残存期間10年の場合)

年齢 55歳
住宅ローン残高 1,094万円
当初借入額 2,800万円
借入期間 35年
固定金利 2.80%

Aさんの毎月の住宅ローン返済額は10万4,657円と、定年間近の家計を圧迫しています。
Aさんはリバースモーゲージで、住宅を担保に2,000万円を借り入れることができました。
その2,000万円で住宅ローン残高1,094万円分を一括返済したのち、手元には自由に使える906万円が残りました。

通常のローンでは借り入れした2,000万円分の利息を返済していく必要がありますが、東京スター銀行「充実人生」では、お得に利息を支払えるポイントがあります。

それは、預金連動型で、使った分にしか金利がかからない! ということです。
つまり、利息がかかるのは2,000万のうち、すでに使った1,094万分だけ。 月々の利払額は2万8,517円と、1月あたりの支払額は額面上約7万6000円減るのです。

また、東京スター銀行「充実人生」にはほかにも2つのポイントがあります。

融資は一生涯、利用可能!

元本の返済は契約者が亡くなってからなので、融資金は一生涯利用することができます。
また、配偶者が利用条件を満たしていれば、契約者が亡くなった後も引き続き利用可能です。

東京スター銀行のリバースモーゲージ『充実人生』の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加