りそな銀行のWeb申込限定プラン住宅ローン借り換え

りそなの住宅ローンの借り換えは、インターネットから簡単に申し込むことができます。
他の金融機関から高金利で利用している人なら、住宅ローンの借り換えで金利や返済額の見直しができます。
申し込みが簡単にできるので、スムーズに手続きが進みます。

住宅ローン借り換えの基礎知識

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

「りそな借り換えローン(Web申込限定プラン)」の特徴

りそなの住宅ローンの特徴は、現在利用している高い金利のローンからの借り換えをスムーズに進めることができます。
借り換え可能金額は、担保評価額の最高300%まで可能です。現在のローンの残高が1,000万円以上、残りの借り入れ期間が10年以上、現在のローンとりそなのローンの借り換え金利の差が1.0%以上であれば、借り換えを検討することをオススメします。
住宅ローンで重要な要素のひとつは金利です。金利に関しては、借り入れ当初に変動金利型もしくは固定金利選択型のどちらかを選択することができます。変動金利は銀行所定の金利を適用し、固定金利選択型は金利を特約期間の間に適用します。金利の見直しが可能で、変動金利から固定金利に切り替えるときは所定の手数料がかかります。

りそな銀行のWeb申込限定プラン住宅ローン借り換え条件

りそな銀行の住宅ローンに借り換えをするときには条件があります。
【1】借り入れ時の年齢が20歳以上70歳未満で、最終返済時が満80歳未満の人
【2】前年の収入が100万円以上、給与所得者なら勤続1年以上
【3】現在のローンを2年以上返済している人
【4】団体信用生命保険に加入できる人
これら全ての条件に当てはまる人が利用できます。

<融資が受けられる金額>
50万円以上1億円以内の範囲で借り入れができます。現在の担保評価額の最高300%、またはそれに最高2,500万円を加算した金額のいずれか低いほうが、融資金額の上限になります。返済期間は1年以上35年以内で、現在のローンの残存年数の範囲内で利用できます。検討する際は自分が利用できるかどうかを確認しましょう。

りそな銀行のWeb申込限定プラン住宅ローン借り換えの流れ

住宅ローンの借り換えの流れは、まず相談することからはじめます。資金計画や返済のシミュレーションなど、確認する際は銀行に相談します。事前審査はそのまま店舗窓口で申し込めますが、インターネットからでも申し込めます。インターネットなら24時間いつでも申し込めるので、安心して利用できます。その後は正式な申し込みに入り、提出した書類により銀行や保証会社が審査をします。

店舗窓口で契約しますが、インターネットから事前審査を申し込んだ人の場合、来店は契約時の1回のみで完了します。その後は保証会社と抵当権の設定登記を行います。そして借り入れができるようになり、借入日の時点からりそな銀行の金利が適用されます。以上が借り換えの流れとなっています。

りそな銀行の住宅ローン金利一覧ページはこちら
りそな銀行の住宅ローン【評判・口コミ】はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加