住宅ローンを無事に返済したい!繰り上げ返済をしたいと思う?

通常であれば住宅ローンの契約をして毎月決められた金額を返済していくという流れが一般的ですが、それでは定年後になってもローンを返済しきれない状況が続いてしまう恐れがあります。
働けるうちはまだいいかもしれませんが、定年後は働けるかどうかも分かりません。
というわけで、ローンを返済し終える為に繰り上げ返済をしたいと思うかアンケートを取ってみました。

住宅ローン返済額を上乗せする

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅ローンを無事に返済したい!繰り上げ返済をしたいと思う?

【質問】
住宅ローンの繰り上げ返済をしたいと思いますか?

【回答数】
はい:84
いいえ:16

早くし終えたい?繰り上げ返済はローンを支払う為の有効な手段!

アンケートの結果によると、約8割の人がローンの繰り上げ返済をしたいと回答していました。

・いつ働けなくなるか分からないので、できるだけ短期間で返済したい(30代/女性/契約派遣社員)

・家計に余裕がある場合、なるべくなら将来的な負担を早く軽減したいので、繰り上げ返済したいです。(30代/女性/パートアルバイト)

・繰り上げ返済をしないと定年以降もローンを払い続けていくことになるから。(40代/女性/会社員)

・ローンは借金返済と同じなので、気分的に損をしている気になります。出来るだけ早く返したいです。(60代/男性/無職)

住宅ローンの返済額は毎月決まっているので毎月の経済的計画が立てやすくはありますが、定年後まで支払い続ける可能性もあります。定年後は新たな仕事が出来ない可能性もありますし、その時にローンをきちんと支払って行けるかどうかも不安要素の一つです。後になってローンの返済に苦しまないようにする為には繰り上げ返済が有効となり得ます。回答にあるようにローンの返済を借金と考えれば一刻も早く返済したいと思いますし、将来的な負担を軽減する為にも繰り上げ返済を視野に入れておいた方がいいかもしれません。

下手に繰り上げ返済をすると返済のペースが乱れて大変になる?

反対に繰り上げ返済をしたいと思わない人は約2割でした。

・無理にペースを崩す必要はないので、毎月決まった額で返すのが一番良いと思います。(50代/男性/専業主婦主夫)

・いろいろな意味で手間がかかる。デメリットの方が多いと判断するため。(30代/男性/その他専門職)

・やはりお金を出したくないので少しでも上げてもらうと困ります。(20代/男性/学生)

・毎月返済に無理のない金額を設定しています。繰上げ費用の捻出のために無理をして生活を切り詰めることはしたくないので、完済まで一定のペースで返していこうと思っています。(40代/女性/専業主婦主夫)

繰り上げ返済をすればローンの返済を早急に終わらせることが出来ますが、その分月々の支払額が増えることにもなります。返済額が大きくなると月々の負担額が増えて生活を切り詰めなければならないといった事態になる恐れもあるようです。ローンを返済したいと思うあまり生活を切り詰めて大変な思いをするようでは逆にデメリットになるため、完済するまでペースを崩さないことも大切になりそうです。

繰り上げ返済は早急に返済出来るが、その分デメリットも多い?

以上のアンケート結果ではほとんどの人が繰り上げ返済をしたいと思うようですが、無理に繰り上げなくても良いと思う人も少なからずいるということが分かる結果でした。

住宅ローンを通常通り支払い続ける場合、定年までに完済出来れば良いですが、定年後もローンを支払い続ける可能性があります。繰り上げ返済すれば早急にローンを完済することも出来ますが、その分月々の負担額が大きくなるので、経済的な余裕や計画性がない限りは自分の生活を無理矢理切り詰めなければならないことになりかねません。ローンを早く完済するか、ペースを崩したくないか熟慮する必要があるかもしれません。

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2015年03月11日~2015年03月25日
有効回答数:100サンプル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加