住宅ローンの繰り上げ返済

住宅ローン借り入れ後に考えておきたい返済方法の1つに繰り上げ返済という方法があります。
繰り上げ返済をすることで、ローン返済期間の短縮や、毎月の返済額を軽減するメリットがあります。

住宅ローン返済額を上乗せする

丸尾 健

丸尾 健 株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティング 代表執行役

大学卒業後、建築関連の仕事を経て大手商社系の中高級住宅を扱うハウスメーカーに入社。在籍期間9年のうち5年は店長職を兼務。MVP賞3回。その後、大手金融機関のファイナンシャル・プランニング部門に転職。FP先進国の米国のファイナンシャルプランニングメソッドトレーニングを受講。2009年9月に独立して、株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティングを設立。FP経験現在9年目。新規年間相談件数120件前後、面談累計件数1,000件以上。主に個別面談を中心に活動している、実務家FP。ライフプラン全体を通してのマネープランの作成、資産形成アドバイスに提案に定評がある。
【得意分野】ライフプラン・不動産購入・住宅ローン・資産形成・保険・相続相談

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

住宅ローンの繰り上げ返済には、「期間短縮型」と「返済額軽減型」という2つの方法があります。
2つの方法にはそれぞれの特徴やメリットがあるので、目的に応じて使い分けることができます。

期間短縮型

利息を効果的にカットできるため、総返済額を減らせるというメリットにあります。
残りの返済期間が短縮されるため、ローンを早期に終わらせたい方にお勧めの方法です。

返済額軽減型

毎月の返済額を軽減させることができます。家計のやりくりが苦しい時や、子供の教育資金準備したい時などに、家計のバランスを調整することができます。
収入のバランスを調整できるメリットがある一方で、返済期間は変わらないので、ローンの返済が当初の設定期間どおり続くことになります。

繰り上げ返済の注意点

繰り上げ返済は、ローンの返済期間を短縮して、金利を減らすことができるというメリットはありますが、手元にある現金を使って返済するため、手元に残る現金が少なくなるというデメリットもあります。
そのため、あまりに返済期間と支払利息を減らすことに集中しすぎず、毎日の生活と急な出費などとのバランスを考えながら、返済の計画を立てるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加