楽天銀行の住宅ローン金利選択型の借り換え

楽天銀行では住宅ローン金利選択型への借り換えをすることが可能であり、保証料や繰り上げ返済手数料、団体信用保険料が全て0円でご利用出来ます。
また、変動金利や固定金利のどちらかを選択することが出来るだけでなく、変動金利からいつでも固定金利に変更することも出来ます。

住宅ローン借り換えの基礎

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

楽天銀行の住宅ローン金利選択型への借り換えは申し込みから契約まで来店不要

楽天銀行の住宅ローン金利選択型を利用するにあたり、全ての手続きに関することは必要な書類などを提出したりするだけなので来店不要という特徴があります。
こちらから事前審査の申し込みを行い、銀行側から審査結果の通知と申し込み書類が送付されてきます。そこから申し込み書類の提出と既存ローンの繰り上げ返済申請を行い、銀行側から承認された審査結果の通知と必要書類が送付されます。また、送付された必要書類を送付し、銀行側が必要書類の審査を行い、無事に審査が通ったら契約書の取り交わしを行い、ようやく銀行営業日から融資を受け取ることが出来ます。このようにこちらから申し込みを行い、送られてくる書類を提出するだけなので自宅などにいながら契約をすることが出来ます。

楽天銀行の住宅ローン金利選択型借り換えの条件

楽天銀行の住宅ローン金利選択型を利用する為には様々な条件があります。
【1】借り入れ時の年齢が65歳6ヶ月未満であること
【2】住宅ローンの完済した時の年齢が満80歳未満であること
【3】日本国籍を有している人や日本の永住許可などを得ている外国籍の人
【4】前年の年収(自営業の人が申告所得)が申し込んだ人と連帯債務者と合わせて400万円以上であること

ただし、申し込んだ人と連帯債務者の関係は配偶者のみの取り扱いとなるので注意が必要です。そして最後に年間返済割合があります。これは本件の借り入れとその他の借り入れ金を合わせた全ての年間返済額の年収に占める割合が30パーセントから35パーセント以下であることが条件となります。

楽天銀行の住宅ローン金利選択型借り換えの流れ

楽天銀行の住宅ローン金利選択型を申し込む時には店に行かなくてもネットを利用することで契約をすることが出来ます。

まず最初に銀行のウェブサイトに申し込みを行い、銀行側が申し込みした時の情報をもとに事前審査を行いますが、この時に審査が通らない場合もあるので注意が必要です。事前審査の結果がメールで送られてくるので、承認か判断不可のお客に申し込み書類一式が送付されます。そこから申し込み書類を記入して提出し、再び書類をもとにした審査を行います。審査が承認されたら借り入れに必要な書類が送付されてくるのでその書類と口座振替依頼書などを提出した上で契約書類一式が送付されます。その契約書類を送付して銀行側が確認した後に指定の口座に振り込まれるといった流れとなります。

楽天銀行金利選択型の住宅ローン金利一覧ページはこちら
楽天銀行金利選択型の住宅ローン【評判・口コミ】はこちら
本当は知ってほしい!楽天銀行のスゴいところ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加