住宅ローン返済中の住み替え

住宅ローンの返済が残った状態で住み替える際は、住宅ローンの全額を繰り上げ返済する方法があります。

住宅ローンの名義変更

丸尾 健

丸尾 健 株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティング 代表執行役

大学卒業後、建築関連の仕事を経て大手商社系の中高級住宅を扱うハウスメーカーに入社。在籍期間9年のうち5年は店長職を兼務。MVP賞3回。その後、大手金融機関のファイナンシャル・プランニング部門に転職。FP先進国の米国のファイナンシャルプランニングメソッドトレーニングを受講。2009年9月に独立して、株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティングを設立。FP経験現在9年目。新規年間相談件数120件前後、面談累計件数1,000件以上。主に個別面談を中心に活動している、実務家FP。ライフプラン全体を通してのマネープランの作成、資産形成アドバイスに提案に定評がある。
【得意分野】ライフプラン・不動産購入・住宅ローン・資産形成・保険・相続相談

住宅の売却資金で住宅ローンを返済

新しい住宅への住み替えを検討するにあたり、預貯金で住宅ローンの完済ができない場合には、住宅を売却した資金で住宅ローンの返済をする方法があります。
とはいえ住宅は売る時期などによって、売却価格が変わってきますから、住宅を売却するタイミングを見極めることが重要になってきます。
売却資金で住宅ローンを返済する場合は、住み替える住宅の購入よりも前に売却するのが最善です。住宅がいくらで売却できたかによって、預貯金と合わせて新しく購入する住宅の予算を決めることができます。

売却資金で完済できない場合

売却資金で完済できない場合、住み替えローンや買い替えローンと呼ばれるローンで返済する方法があります。
一般的な住宅ローンでは、購入する住宅の価格分までを借り入れできることになっていますが、住み替えローンでは、購入する新しい住宅の価格分だけでなく、従来の住宅ローンも合わせて借り入れを申し込むことができます。
住み替えローンや買い替えローンの借り入れの流れとしては、借り入れた資金を使って返済中の住宅ローンを全額完済し、抵当権を抹消します。その後は、返済中の住宅ローンの返済額と新しい住宅のローンをまとめて、返済していくことができます。
住み替えローンを活用することで、新たな住宅を購入でき、返済中の住宅ローンも完済できますが、新たな住宅ローンの返済額には住み替え前の住宅ローン残額分も上乗せされるため返済計画に無理がないか慎重に検討するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加