住宅ローンを検討している人必見!比較するポイントは?

数ある住宅ローン!できれば最も得になるものを選びたいですよね。
種類によって、様々な特徴を持っていますので、情報をしっかり確認することが大切!
条件の良い住宅ローンを比較・選択することで長期間の返済を乗り切って行きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
そのために、着目するポイントは何なのか、気になりますよね。
そこで、多くの人はどういうところを重要視しているのか、100人の方にアンケートを取り調べてみました。

住宅ローンの金融機関選定方法

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅ローンを検討している人必見!比較するポイントはどこ?

【質問】
住宅ローンの比較をする際、まずどのポイントで比較を行いますか?

【回答数】
変動金利:21
固定金利:42
融資手数料の金額:11
保証料の有無:9
疾病保障などオプションプランの充実度:17

返済計画を見通せる!固定金利を重要視する人が最も多い!!

アンケートによると、「固定金利」と回答した人が42名で最も多い結果となりました。

・住宅ローンの比較をする際、まずは固定金利の比較を行います。金融機関によって金利は異なるので(30代/男性/会社員)

・支払い計画が立てやすいように、やっぱり固定金利で検討します。(20代/女性/専業主婦)

・まずは、固定金利が安いものから順に見ていって、そこから他の条件の良いところを探します。(20代/男性/パートアルバイト)

・今後の経済情勢が読むことができないので、固定金利のみで検討した。(30代/男性/会社役員)

・今後の安心を考えるとやはり固定金利。金融機関ごとに金利を比較して決めます。(30代/男性/会社員)

「固定金利」と回答した人では、返済の計画が立てやすいため固定金利を比較するという意見が多く寄せられました。返済額が大きく変わってしまっては、将来かかるであろう教育費などの様々な費用支払いに影響が出てしまう不安を感じているようです。予定を立てて計画的に支払っていくには、変動金利では毎月の返済額が増える可能性もあり、安心できないと考えている様子がうかがえました。

総支払額を抑えたい!もしもの事態にも備えたい!

次に多かったのが「変動金利」の21名、そして「疾病保障などオプションプランの充実度」の17名、「融資手数料の金額」の11名、「保証料の有無」の9名と続きました。

・初めの金利が低いものを選びます。引っ越ししたばかりのときは、やはり新生活でいろいろお金がかかるところが多いため(30代/女性/会社員)

・住宅ローンは将来的に払っていくものなので、保障がしっかりしているものがいいから。(20代/男性/学生)

・借りる金額以外にトータルでいくら掛かるかを一番に考えた、いくら金利が安くてもトータルで支払額が高くなったら本末転倒である。(40代/男性/無職)

・保証料だけでも150万円くらいかかるので、保証料の有無をまず比較します。(30代/男性/パートアルバイト)

「変動金利」と回答した人では、固定金利より低いことを重視するとの意見があり、支払額を抑え家具や家電など新たに購入する場合に備え余裕を持たせたいと考えているようです。金利が低いのが魅力な変動型ですが、反面いつどう変わるか分からないため、その動向を気にする様子もうかがえました。
「疾病保障などオプションプランの充実度」と答えた人は、長い返済期間で怪我や病気など突発的な出来事にも対処できることを大切にしているようです。融資手数料や保証料も意外と高額になることから、返済総額の観点から気にする人も意外と多いようですね。

重要視するのはやはり金利!!でもトータルで考えることも大切!

今回のアンケートでは、やはり金利を重要視する人が多く、固定型で4割、変動型で2割の回答数となっています。ちょっとした金利の違いで、大きく返済額が変わって来るため特に気になるようです。
何十年と返済し続ける上で健康面を心配する人もいて、疾病保障などのオプションを重要視する人や、返済総額を抑えたいことから融資手数料や保証料を重要視する人も意外と多いことが分かりました。
住宅ローンを比較する時は、金利はもちろん、トータルな視点で見ていくことも大切なようですね。

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2015年06月16日~2015年06月30日
有効回答数:100サンプル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加